石川県立看護大学成人看護学領域のホームページです。学部での教育の様子や、大学院について紹介しています。

学部教育(慢性期)

授業科目

2年次

●2年次前期:成人看護学概論

●2年次後期:成人看護方法論Ⅱ

3年次

●3年次前期:成人看護方法論演習Ⅰ 成人看護方法論演習Ⅱ

●3年次後期:成人看護学実習B

成人看護学実習B⇒実習BはJCHO金沢病院、済生会金沢病院、金沢医科大学病院で実習を行っています。最終日は学内にて演習を行っています。

4年次

●4年次前期:統合実習、卒業研究

●4年次後期:緩和ケア論

卒業研究

牧野ゼミ

2020年度

  1. がんサロンでボランティア活動を行っているピアサポーターの困難と支援の工夫
  2. 終末期がん患者を持つ家族の苦悩とその看護支援

2019年度

  1. 若手看護師が捉える終末期看護や看取り時の体験
  2. 若手看護師のグリーフワークの効果

2018年度

  1. 外来化学療法患者のセルフケア状況をアセスメントする視点ー皮膚障害のセルフケアに焦点を当ててー
  2. がん患者が抱くスピリチュアルペインとその支援についてー手記を分析してー

2017年度

  1. セルフケア実施が困難な化学療法中の患者の看護~がん看護専門看護師へのインタビューから~
  2. 終末期がん患者のケアに関わった看護学生の体験~母親患者の子どもへの思いに関する文献研究~がん患者、その家族による手記を読んで~

2016年度

  1. 治療を受けている再発がん患者がもつ希望に関する文献研究
  2. 終末期がん患者のケアに関わった看護学生の体験

2015年度

  1. サポートブックを用いた乳がん患者とその子どもへの支援の検討
  2. 子どもをもつがん体験者同士の対話から見えてくるもの―親子参加型プログラム後の母親同士の対話から―

2014年度

  1. がん患者とその子どもへの支援に関する検討-アートセラピーと患者同士の対話から-
  2. サポートブックを用いた乳がん患者とその子どもへの支援効果-過去3年間のサポートブックの記述・親子の会話の分析-

2013年度

  1. サポートブックを用いた乳がん患者とその子どもへの支援効果-子どものサポートブックの記述内容及び親子の会話の特徴から-
  2. サポートブックを用いた乳がん患者とその子どもへの支援効果-母親の特徴から-

松本ゼミ

2020年度

  1. AYA世代の終末期がん患者の体験についての文献検討
  2. 地域在住高齢者と入院高齢患者の転倒恐怖感の関連要因の比較―文献検討を用いた分析―

2019年度

  1. 乳房切除術を受けた患者のボディイメージに関する文献検討
  2. 終末期がん患者が自分らしく生きようと考えるきっかけ
  3. 糖尿病患者の食事療法継続に関わる要因についての文献検討

TEL 076-281-8300(大学代表)

PAGETOP
Copyright © 石川県立看護大学 成人看護学領域 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.