石川県立看護大学成人看護学領域のホームページです。学部での教育の様子や、大学院について紹介しています。

ご挨拶

 

牧野教授からのメッセージ

成人看護学領域の牧野です。 私は、学部では、糖尿病や腎臓疾患患者、肝臓疾患、そしてがん患者といった慢性疾患患者への看護について担当しております。

現代は、運動不足、食事の欧米化に加え、ストレス社会の中で、さまざまな生活習慣病にかかるリスクが増えています。疾患の予防や治療または進行を遅らせるためには、われわれ看護師の役割はとても大切です。

ひとりの女性(男性)としても、自分や家族が病気になったとき、看護の知識を持っていることはとても心強いものです。一緒に、看護について学んでみませんか。

また、大学院では主に、がん看護専門看護師の育成や慢性疾患看護に関する研究指導を行っています。

主な研究としては、がん告知の現象学的研究、子どもを持つがん体験者への支援、がん化学療法や放射線療法を受ける患者への介入研究、終末期における実存的苦悩へのロゴセラピーを用いた研究をテーマとしております。  看護実践におけるさまざまな問いを解決し、患者のためのみならず、看護師自身が意味ある看護実践の実現のために、 一緒に研究をしましょう。

成人看護学領域の教員一同で皆さんの研究指導に当たります。

牧野智恵

村井教授からのメッセージ

急性期看護を担当している村井嘉子です。

最近、医療をテーマとするテレビ番組が増えてきました。これまで医療界の出来事をガラス張りにすることは決して多くはありませんでしたが、昨今の人々の健康意識の向上、健康寿命の延長に対する期待の高まりと言えます。これを見て更に、医療界への興味・関心を示す方もおられるのではないでしょうか。

医学、医療技術の進歩・発展は目覚しい状況にあります。実年齢に関係なく高齢な方であっても、その人の生活レベルに合わせて高度・先端医療を提供しています。

急性期看護は、人が不慮の事故に遭遇した時、急激な健康問題の発症時にケアを提供します。このような状況の人は、身体的・精神的にもダメージを受けます。また、その治療によって入院治療を余儀なくされ、親しい人、家族と離れて生活しなければなりません。このような状況の人々には医療の専門家の支援は必要不可欠です。人々の健康問題をできるだけ早急に解決し、元の住み慣れた場所で親しい人に囲まれて生活が継続できるように支援します。

看護学は、健康問題に対して人間と人間の繋がり、その相互関係を大切にしながら、ケアを提供することで成立する学問です。この学問を通して自己成長にも繋がります。一緒に看護学を探究しましょう。

 

 

TEL 076-281-8300(大学代表)

PAGETOP
Copyright © 石川県立看護大学 成人看護学領域 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.