検索

地域ケア総合センター

Community Care Center

JICA日系研修「高齢者福祉におけるケアシステムと人材育成」を実施しました

2021年2月10日 up

 2007年から毎年継続的に実施しているJICA日系研修「高齢者福祉におけるケアシステムと人材育成」は、今年度はコロナ禍にあり、パラグアイ共和国から予定されていた研修生の来日ができませんでした。そこでJICA北陸、羽咋市社会福祉協議会の皆様と相談し、初めての遠隔研修を行うこととしました。遠隔研修では、これまでに日系研修に参加された修了生を含め、8名が3つの移住地から参加してくださいました。参加の研修員は、首都アスンシオンから、吉田牧子さん、大前美子さん、高橋直江さん、イグアスから、幸坂幸子さん、西山由紀美さん、ピラポから、水本愛夏さん、佐藤真奈美さん、高橋千恵美さんです。
 開講式は、2021年1月12日(火)日本時間の20時(パラグアイでは同日午前8時)にZoomを用いて行いました。Zoomには、在パラグアイ日本国特命全権大使の中谷好江様やパラグアイ日本人連合会会長の桧垣竜介様にもご参加いただき、ご挨拶を頂戴しました。
 研修期間中には、本学教員と羽咋市社会福祉協議会が作成した「介護予防」に関連する動画を視聴していただきました。研修員から質問をメールで受け取り、Zoomで返答しました。Zoomでは、質疑応答のみでなく、移住地ごとの現状報告やパラグアイの状況をお聞きすることができました。
 研修最後の成果報告では、コロナ禍でもできる高齢者福祉活動と、コロナ終息後の高齢者福祉活動の具体的なプランが発表されました。どこの移住地もそれぞれの特色を活かしたプランが作成できました。
 閉講式は、2021年1月29日(金)日本時間8時(パラグアイ1月28日(木)20時)にZoomを用いて実施しました。JICAパラグアイ事務所所長の福井康様から、研修員代表の吉田牧子さんに修了証が手渡されました。閉講式後は研修員の皆様との時間が名残惜しく、なかなかZoomの退出のボタンを押せませんでした。
 2007年から継続してきた研修が、途切れず実施できたことを嬉しく思うと共に、今後もパラグアイ共和国日系社会の皆様との交流を益々発展させていきたいと思います。

 

 

HOME > 地域ケア総合センター > JICA日系研修「高齢者福祉におけるケアシステムと人材育成」を実施しました

このページについてのお問い合わせ

附属地域ケア総合センター

Tel 076-281-8308 Fax 076-281-8309 Mail sogocen[at]ishikawa-nu.ac.jp※[at]を@に変えてください。