検索

地域ケア総合センター

Community Health Care Center

お知らせ

「子育て どろっぷ・イン・さろん」を開催しました

2020年1月9日 up

 「子育て どろっぷ・イン・さろん」は、「母親だけのスペース:どろっぷ・イン・るーむ」、「親育ち・子育ちを考える会」を設け、子どもと離れてゆっくりしたい方、子育てについて語り合いたい方等、どなたでも気軽にドロップ・イン(ふらっと立ち寄る)できる場所を提供することを目的としています。今年度は下記の日程で月1回、計5回開催しました。

・日時:令和元年 8月7日(水)、9月10日(火)、10月2日(水)、11月6日(水)、12月18日(水)各10:00~15:00
・場所:石川県立看護大学、金沢市教育プラザ富樫、シェアマインド金沢

Ⅰ.母親だけのスペース:どろっぷ・イン・るーむ(10:00~12:00)
 参加したお母様たちは、リラックスした音楽が流れる中でお茶やお菓子をいただきながら、子どもと離れてゆっくりしたり、安心しておしゃべりしたり、家ではなかなかできない作業(ゆっくり本を読むことやフットバスなど)をしたりと、自分の時間を楽しんでおられました。(参加者:延べ18名)

Ⅱ.NP親育ち・子育ちを考える会(13:00~15:00)
 「完璧な親なんかいない(通称NP)」プログラムに参加経験のある子育て中のお母様10名が参加し、5回シリーズで、下記のテーマについて話し合いました。(参加者:延べ39名)

●ファシリテーター:西村 真実子(本学教授:NP認定ファシリテーター)、米田 昌代(本学准教授:NP認定ファシリテーター)

●テーマおよび内容:
・1回目 お互いを知ろう 自分の気がかりを話そう・みんなの気がかりを聴こう
・2回目 いらいら・子どものへの対応について
・3回目 夫・親との関わりについて
・4回目 夫との関わりについて
・5回目 自分の更年期と自立に向けた思春期の子どもへのかかわり方
 参加者の方からは、「気を張らない人と安心して話ができ、新たな気づきを毎回もらえた」、「夫や親にはうまく甘えられないが、ここではどんな話でも聞いてもらえて、自分が唯一甘えられる場」、「気持ちの切り替えをどうするかにつきる。人それぞれに対処法があることが聞けて良かった」、「共通する悩みやこれからの悩みなど、毎年話が尽きない」、「話していくうちに、実は自分はこう思っていたんだといろんな発見があった」、「来年も参加して、視野を広げていきたい」との感想をいただきました。

 

HOME > 地域ケア総合センター > お知らせ > 「子育て どろっぷ・イン・さろん」を開催しました

このページについてのお問い合わせ

附属地域ケア総合センター

Tel 076-281-8308 Fax 076-281-8309 Mail sogocen[at]ishikawa-nu.ac.jp※[at]を@に変えてください。