検索

地域ケア総合センター

Community Care Center

「第17回ペリネイタル・グリーフケア検討会」を開催しました

2017年7月26日 up

石川県立看護大学附属地域ケア総合センター事業における人材育成事業の1つである「第17回ペリネイタル・グリーフケア検討会」を平成29年7月8日(土)に石川県立看護大学成人・老年看護学実習室で開催しました。 

今回のテーマは「事例で学ぶ流産(中期)・死産・新生児死亡への対応のあり方」で、大阪市立総合医療センター総合周産期母子医療センター助産師の大蔵珠己さんに講師をお願いしました。大蔵さんは日総研のセミナーでも長年講師を務められている死産ケアのエキスパートです。自己紹介を含め、赤ちゃんの死の動向等をまず、導入としてお話いただいたのち、前半は新生児医療への対応として、「治療の差し控え」について事例をもとにグループワークを行いました。普段は深く話せない内容について意見交換ができ、とても有意義なグループワークとなりました。休憩をはさんで後半は、事例で学ぶ死産ケアと題して、大蔵さんが多くのケア事例を写真とともに紹介くださり、実際の話しかけ方など具体的なケアの方法を学ぶことができ、参加者の満足度が高いものとなりました。

参加者は県内外48名で、周産期医療を担う主要施設からの多くの方が参加しました。

今年度第2回目は平成30年2月24日(土)に開催で、テーマは「体験者とケア提供者の話を聞く~NICUでの看取り~」です。参加申し込みは開催日の1週間前です。貴重な体験者のお話を聴く機会ですので多数のご参加をお待ちしています。

 

 

HOME > 地域ケア総合センター > 「第17回ペリネイタル・グリーフケア検討会」を開催しました

このページについてのお問い合わせ

附属地域ケア総合センター

Tel 076-281-8308 Fax 076-281-8309 Mail sogocen[at]ishikawa-nu.ac.jp※[at]を@に変えてください。