団塊の世代が75歳となる2025年にむけ、高齢者の地域包括ケアシステムの構築が進められています。少子化が進む現状においては、子育て世代への支援も急ピッチですすめる必要があります。高齢者だけでなく子育て世代も含めた新しい地域包括ケア時代の看護職のあり方を一緒に考えましょう。

地域包括ケアシステムの構築に向け、保健・医療・福祉のそれぞれの枠を超えた地域づくりを意欲的、先進的に行っている講師を招き、ラウンドテーブル「新しい地域包括ケア時代のまちづくり」を開催します。

 

開催日時平成30年9月21日(金)18:30~20:30
開催場所ガーデンホテル金沢(金沢駅正面 金沢市本町2丁目16-16)
講師角地 孝洋/小松市役所長寿介護課主幹
坂本 清美/元 輪島市子育て支援センター、現 輪島市立河原田保育所所長
大田 章子/社会医療法人祥和会 脳神経センター大田記念病院 社会福祉法人祥和会 五本松の家
対象地域包括支援センター職員、看護職
先着25名 ※参加費2,000円(食事・飲み物つき)
問合先Tel 076-281-8308 Fax 076-281-8309
E-mail sogocen[at]ishikawa-nu.ac.jp ※[at]を@に変えてください。
地域・在宅・精神看護学講座 金子紀子,山﨑智可