検索

教員活動情報

Faculty Member

峰松 健夫

峰松 健夫 教授

みねまつ たけお

Minematsu Takeo Professor

看護専門領域 成人・老年看護学講座 成人看護学

  • Tel076-281-8372
  • Fax076-281-8372
  • Mailtakeom[at]ishikawa-nu.ac.jp※[at]を@に変えてください。
教育分野
学部 学士課程 看護専門領域 成人・老年看護学講座 成人看護学
大学院 博士前期課程(修士) 研究指導教員 実践看護学領域 成人看護学分野
大学院 博士後期課程(博士) 研究指導教員 看護学領域 実践看護科学分野
学歴
出身大学院 筑波大学大学院博士課程農学研究科
出身大学 筑波大学
取得学位 博士(農学)(筑波大学)
その他
免許・資格
職歴 石川県立看護大学教授(2022.4-現在)
東京大学大学院医学系研究科附属グローバルナーシングリサーチセンター特任准教授(兼任)(2017.4-2022.3)
東京大学大学院医学系研究科社会連携講座スキンケアサイエンス特任准教授(2017.2-2022.3)
東京大学大学院医学系研究科創傷看護学分野特任講師(2011.4-2017.1)
東京大学大学院医学系研究科アドバンストスキンケア(ミスパリ)寄附講座特任助教(2009.4-2011.3)
東京大学大学院医学系研究科老年看護学分野助教(2008.11-2009.3)
株式会社バイオマスター研究開発部研究員(2007.11-2008.10)
独立行政法人農業生物資源研究所特別研究員(2006.4-2007.10)
東海大学医学部基盤診療学系病理診断学(2004.4-2006.3)
国際協力機構青年海外協力隊(ネパール王国、家畜飼育)(1995.12-1997.12)
所属学会・協会 看護理工学(常任理事、理事、評議員、編集委員会委員長)
日本創傷治癒学会(評議員、将来構想検討委員会委員)
日本創傷・オストミー・失禁管理学会(評議員、学会連携委員会委員)
日本褥瘡学会(車いすアスリート支援委員会委員)
日本看護科学学会
日本看護実践学会
日本病理学会
日本再生医療学会
受賞 APETNA2019 Best Moderated Poster Award (2019.11)
第28回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会優秀賞(2019.5)
平成24年度日本褥瘡学会大浦賞(2014.8)
Australian Wound Management Association 2014, Rye Pharmaceuticals New Investigator Award (Science & Technology), (2014.5)
第43回日本創傷治癒学会研究奨励賞受賞(2013.11)
World Union Wound Healing Societies 2012, Poster Award (2012.9)
平成22年度日本褥瘡学会大塚賞(大塚Grant)(2010.8)
平成19年度日本家禽学会奨励賞受賞(2007.9)
日本家禽学会2002年度秋季大会優秀発表賞受賞(2002.10)
研究活動
専門分野 看護理工学 創傷看護学 スキンケアサイエンス
キーワード バイオロジカルナーシング 看護理工学 バイオマーカー ブロッティング
研究テーマ スキンブロッティング:非侵襲的スキンアセスメント技術の開発
スキンブロッティングによる慢性脱水法の開発
ウンドブロッティング:非侵襲的創傷アセスメント技術の開発
研究テーマ(博士前期課程(修士)) スキンブロッティング:非侵襲的スキンアセスメント技術の開発
スキンブロッティングによる慢性脱水法の開発
ウンドブロッティング:非侵襲的創傷アセスメント技術の開発
研究テーマ(博士後期課程(博士)) スキンブロッティング:非侵襲的スキンアセスメント技術の開発
スキンブロッティングによる慢性脱水法の開発
ウンドブロッティング:非侵襲的創傷アセスメント技術の開発
著書 スキンブロッティング:新たなポイントオブケア・スキンアセスメント手法.進化する皮膚科学.機能研究・臨床・評価・製品開発の最前線.株式会社エヌ・ティー・エス,2021.
感染症をめぐる新たな動向と課題.老年看護学技術(真田弘美,正木治恵編)改訂第3版.pp423-427.2020.南江堂.
看護学における生物学的アプローチ.看護理工学(真田・森編).東京大学出版会.2015
スキンブロッティング.看護理工学(真田・森編).東京大学出版会.2015
創傷滲出液解析による包括的創傷アセスメント.看護理工学(真田・森編).東京大学出版会.2015
Nursing Biology. In, Bioengineering Nursing: New horizons of nursing research (Sanada H, Mori T & Nagase T, Eds). Nova Science Publishers. 25-59, 2014 他
論文 Risk scoring tool for forearm skin tears in Japanese older adults: A prospective cohort study. J Tissue Viabil. 30 (2): 155-160. 2021.
Development of a distribution analysis method for metalloproteinase activity by combining wound blotting and zymography techniques: A pilot study in mice. J Nurs Sci Engineer. 5: 58-64, 2018
Topical administration of acylated homoserine lactone improves epithelialization of cutaneous wounds in hyperglycaemic rats. PLoS ONE. 11: e0158647. 2016.
Investigation of applicability of high-frequency ultrasonography for analysis of dermal structure in pig skin. J Nurs Sci Engineer. 2: 150-156. 2015
Establishment of a novel rat model for deep tissue injury deterioration. Int Wound J. 12: 202-9, 2015.
Skin blotting: A noninvasive technique for evaluating physiological skin status. Adv Skin Wound Care. 27 (6): 272-279. 2014.
HSL attenuates the follicular oxidative stress and enhances the hair growth in ob/ob mice. Plast Reconstruct Surg Global Open. 1: e60. 2013.
A convenient and highly sensitive method for quantification of ceramide in tape-stripping samples by dot-blot analysis as a skin barrier assessment technique in murine macerated skin. J Jpn Soc Wound Ostomy Continence Manag. 17: 201-212. 2013
Wound blotting: A convenient biochemical assessment tool for protein components in exudate of chronic wounds. Wound Repair Regen. 21 (2): 329-334. 2013.
Altered expression of matrix metalloproteinases and their tissue inhibitors in matured rat adipocytes in vitro. Biol Res Nurs. 14: 242-249. 2012.
Aging enhances maceration-induced ultrastructural alteration of the epidermis and impairment of skin barrier function. J Dermatol Sci. 62: 160-168. 2011.
Germ cell-specific expression of GFP gene induced by chicken vasa homologue (Cvh) promoter in early chicken embryos. Mol Reprod Dev. 75: 1515-1522. 2008.
Quantitative genotyping by amplifying the polymorphic sequences of Pre-Melanosomal Protein (PMEL17) gene using real-time polymerase chain reaction in chickens. Br Poult Sci. 49: 542-549. 2008
PTTG is a secretory protein in human pituitary adenomas and in mouse pituitary tumor cell lines. Endocrine Pathol. 18: 8-15. 2007.
PTTG overexpression is correlated with angiogenesis in human pituitary adenomas. Endocrine Pathol. 17: 143-154. 2006.
Molecular and histological studies of pituitary tumorigenesis using experimental animal models. Act Histochem Cytochem. 38: 87-92. 2005.
Recent progress in studies of pituitary tumor pathogenesis. Endocrine. 28: 37-41. 2005.
The migratory ability of gonadal germ cells in the domestic chicken. J Poult Sci. 41: 178-185. 2004.
Effects of ultraviolet irradiation on the migratory ability of primordial germ cells (PGCs) in the domestic chicken. J Poult Sci. 41: 110-119. 2004.
Simplified DNA extraction methods for sexing chick embryos. J Poult Sci. 41: 147-154. 2004.
Attempt to produce nuclear transferred primordial germ cells using electrofusion in domestic chicken. Anim Sci J. 75: 271-274. 2004. 他
特許 対象の皮膚情報を検出するための検出キット(特願2018-157572,平成30年8月24日)
疾患の診断を補助するための方法及びキット(特願2018-80666,平成30年4月19日)
浸透圧調整物質定着用アニオン性イオン交換膜、浸透圧調整物質検出方法、および浸透圧調整物質検出キット(特開2019-70577,平成29年10月10日)
対象の皮膚バリア機能を評価するための方法及びキット(特開2018-048984,平成28年9月23日)
褥瘡発生予測マーカー及びその使用(特願2017-561183,2016年1月14日)
白癬菌を検出するための方法及びキット(特願2015-201258,平成27年10月9日)
育毛及び発毛促進剤(特許第5714365,平成27年3月20日)
創傷治癒のための医薬(特許第5579523,平成26年7月18日)
共同研究可能テーマ 創傷治癒
スキンケア
慢性脱水
口頭・ポスター
その他 令和3年度科研費,基盤研究(B).療養生活モニタリングに有用な採血に代わるスキンブロット生化学検査法の開発.
令和元年度科研費,挑戦的研究(萌芽).組織障害を光で知らせる褥瘡予防用皮膚被覆材の開発
東京大学事業化推進助成制度 平成30年度GAPファンドプログラム.スキンブロッティング技術を応用した非侵襲的スキンアセスメント法の実用化
平成30年度科研費,基盤研究(B).褥瘡ハイリスク者を同定する遺伝子検査法の開発
平成28年度科研費,挑戦的萌芽研究.老化の関与する拘縮発生メカニズムの解明
平成27年度科研費,基盤研究B(一般).スキンブロッティング法による局所/全身状態の包括的評価法の開発
平成26年度科研費,挑戦的萌芽研究.スキンブロッティング法の原理と応用-ベッドサイドで実施できる皮膚評価技術の確立
平成23年度 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラムフィージビリティスタディ【FS】ステージ 探索タイプ. Acylated homoserine lactoneによる発毛促進作用
平成23年度科研費,若手研究 (B).細菌間情報伝達阻害による新規感染症予防法の開発
平成23年度一般財団法人東京医学会 医学研究に関する助成金.Skin Blotting法を用いた非侵襲的痒み同定法の開発.
平成21年度科研費,若手研究 (B).変異型Rタンパク質を用いたQuorum Sensing阻害法の開発
第35回大山健康財団学術研究助成金.細菌間情報伝達機構の阻害による緑膿菌感染症防除法の開発 他
本学教育担当科目
学部 学士課程 情報処理学、保健統計学、英語講読、成人看護方法論演習II
大学院 博士前期課程(修士) ビジュアル看護実践論
大学院 博士後期課程(博士)
他大学等の非常勤講師
学校名 東京大学大学院医学系研究科(2022年度)
その他教育上の実績
実践例
教科書作成
教材作成
社会貢献活動
地域貢献
国際貢献
その他
講義・講演可能テーマ
タイトル
職務上の実績
学内
学外

HOME教員活動情報峰松 健夫