Message

メッセージ・理念

米澤 洋美
教授

よねざわ ひろみ
Yonezawa Hiromi Professor

看護専門領域 地域・在宅・精神看護学講座 地域看護学

Tel: 076-281-8391
Mail: h-yonezawa[at]ishikawa-nu.ac.jp ※[at]を@に変えてください。

J-GLOBAL

教育分野

学部 学士課程

看護専門領域

地域・在宅・精神看護学講座地域看護学
大学院博士前期課程(修士)研究指導教員実践看護学領域地域・精神・保健学分野
大学院博士後期課程(博士)研究指導教員看護学領域実践看護科学分野

学歴

出身大学院東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科老年看護学専攻(博士前期課程) 石川県立看護大学大学院コミュニティケア・看護デザイン科学分野(博士後期課程)
出身大学東京大学医学部保健学科
取得学位看護学博士(石川県立看護大学) 看護学修士(東京医科歯科大学)

その他

免許・資格

看護師、保健師

職歴

石川県立看護大学教授(2022.10-現在)
福井大学医学部看護学科准教授(2015.4-2022.9)
福井大学医学部看護学科講師(2009.4-2015.3)
福井大学医学部看護学科助教(2008.4-2009.3)
横浜市役所保健師(2007.4-2008.3)
国立保健医療科学院公衆衛生看護部研究官(2005.4-2007.3)
横浜市役所保健師(1999.4-2005.3)
国家公務員共済組合連合会虎の門病院看護師(1995.4-1997.3)

所属学会・協会

日本公衆衛生看護学会
日本公衆衛生学会
日本看護科学学会
日本医学・看護学教育学会
日本結核・非結核性抗酸菌症学会
北陸公衆衛生学会
日本保健師活動研究会

受賞

研究活動

専門分野

公衆衛生看護学
高齢者保健

キーワード

介護予防、保健師

研究テーマ

保健師実践活動に関する研究
介護予防に関する研究
保健師の現任教育に関する研究

研究テーマ(博士前期課程(修士))

保健師実践活動に関する研究
介護予防に関する研究
保健師の現任教育に関する研究

研究テーマ(博士後期課程(博士))

保健師実践活動に関する研究
介護予防に関する研究
保健師の現任教育に関する研究

著書

これで使える!保健師のためのデータ活用ブック. 中板育美編著:第3章 6.活動のあしあとは確認しよう(評価), 東京書籍, 2018年.
老人虐待の予防と支援,髙崎絹子,谷口好美, 佐々木明子,外口玉子編著:第3部老人虐待への具体的対応,日本看護協会出版会, 1998年

論文

日本の高齢者の就労と健康づくり・健康管理に関する文献検討.米澤洋美,石垣和子,地域ケアリング,24(12), 2022年.
NICUを退院した低出生体重児の母親の育児不安と育児ソーシャルサポート,育児に対する自己効力感との関連,夏梅るい子,長谷川美香,米澤洋美,49(1),2022年.
シルバー人材センターにおける健康管理.米澤洋美,地域ケアリング,22(3), 2020年.
地方農村部シルバー人材センター会員の抱える現在と将来の心配事ー性・年代別の比較,第50回日本看護学会論文集ヘルスプロモーション,米澤洋美,秋原志穂,2020年.
シルバー人材センター会員の自主的健康づくり活動の意義,福井大学医学部研究雑誌,米澤洋美,石垣和子,大木秀一,2019年.
地方農村部シルバー人材センター会員の就業の意義,日本看護協会第49回日本看護学科論文集ヘルスプロモーション,米澤洋美,2019年.
健康づくり自主企画事業実施後の実行委員の思いに関する質的研究,第46回日本看護学科論文集ヘルスプロモーション,米澤洋美,2016年.
Effectiveness of intimate partner violence prevention education conducted with female university students,Violence in the health sector.Mika Hasegawa, Junko Kitade, Hiromi Yonezawa, Daisuke Higashi, Yasutoshi Nekoda.2010年
Effects of Tongue and Oral Mucosa Cleaning on Oral Candida Species and Production of Volatile Sulfur Compounds in the Elderly in a Nursing Home. ournal of Medical and Dental Sciences
Tokyo Medical and Dental University,iromi Yonezawa,Kinuko Takasaki, Kayoko Teraoka, Tsugio Asaka, Chifumi Sato, and Kyoko Tsuchiya.2003年.

特許
共同研究可能テーマ
口頭・ポスター

日本の高齢者の就労の場における健康づくりや健康管理に関する文献検討米澤洋美.秋原志穂,地域看護学会第25回学術集会(2022年)
成人女性の中食購入の実態,坪川悦子,米澤洋美,長谷川美香.地域看護学会第25回学術集会(2022年)
地方農村部シルバー人材センター会員による健康づくり活動でのグループへの関与の過程,米澤洋美,石垣和子,秋原志穂,第80回日本公衆衛生学会学術集会(2021年)
隔離状況にある結核患者の精神的ストレスに対する看護,秋原志穂,大橋梅紅,中村美亜,米澤洋美,第96回日本結核・非結核性抗酸菌症学会学術講演会(2021年)
地方農村部シルバー人材センター会員による健康課題決定に至るまでの健康課題の変遷,第9回日本公衆衛生看護学会学術集会(2020年)
NICUを退院した低出生体重児の母親の育児に対する自己効力感に関する要因,夏梅るい子,長谷川美香,米澤洋美,第9回日本公衆衛生看護学会学術集会(2020年)
あいりん地区結核患者の入院中に受けた療養指導に対する受け止め,秋原志穂,米澤洋美第95 回日本結核・非結核性抗酸菌症学会学術講演会(2020年)
低出生体重児の母親の育児不安および育児に対する母親の自己効力感に関連する要因,夏梅るい子,長谷川美香,出口洋二,米澤洋美第23回日本地域看護学会学術集会(2020年)
地方農村部シルバー人材センターにおける健康づくり活動企画運営会員の変化,米澤洋美,石垣和子,第39回日本看護科学学会学術集会(2019年)

その他

文部科学省科学研究費補助金基盤研究 (C)一般(研究代表者)団塊世代男性を対象とした定年退職後の再就労の場における介護予防プログラム構築 (2020-2023)
文部科学省科学研究費補助金基盤研究 (C)一般(分担研究者)大学生のデートDV予防と援助要請行動促進を一体化した教育プログラムの開発(2020-2023)
文部科学省科学研究費補助金基盤研究 (C)一般(分担研究者)隔離状況下にある結核患者のQOL評価および包括的ストレス緩和プログラムの開発(2020-2022)
文部科学省科学研究費補助金基盤研究 (C)一般(分担研究者)住民の社会文化的背景に基づく保健師による個別支援方法の開発(2017-2021)
文部科学省科学研究費補助金基盤研究 (C)一般(分担研究者)住民と国保保健婦が協働した戦後健康づくり活動の過程と展開に関する歴史社会学的研究(2018-2020)
文部科学省科学研究費補助金基盤研究 (C)一般(研究代表者)退職後の団塊世代男性を対象とした介護予防の担い手養成プログラムの開発(2017-2021)
文部科学省科学研究費補助金基盤研究 (C)一般(分担研究者)大学生へのデートDV予防を目的とした系統的な教育プログラムの開発(2016-2019)
文部科学省科学研究費補助金基盤研究 (C)一般(研究代表者)団塊世代男性の退職後の地域デビューと閉じこもり予防を一体的に支援する体制の検討(2014-2017)
文部科学省科学研究費補助金基盤研究 (C)一般(分担研究者)地域でのDV被害者支援担当職員の連携実践能力を高める教育プログラムの開発(2014-2016)
厚生労働省科学研究費補助金健康安全・危機管理対策総合研究事業(研究代表者)住民からの不当暴力やクレ-ム等に対峙する地域保健従事者の日常活動の「質」を保証する組織的安全管理体制の構築に関する研究82012-2013)
厚生労働省科学研究費補助金健康安全・危機管理対策総合研究事業(分担研究者)住民からの不当暴力やクレ-ム等に対峙する地域保健従事者の日常活動の「質」を保証する組織的安全管理体制の構築に関する研究82011)
文部科学省科学研究費補助金若手研究 (B)団塊世代男性の退職直後の地域参加への関心と閉じこもり予防に関する追跡調査(2009-2011)
文部科学省科学研究費補助金基盤研究 (C)一般(分担研究者)DV被害者支援職務関係者の資質向上を目的とした系統的な教育プログラムの開発(2009-2011)
文部科学省科学研究費補助金基盤研究 (C)一般(分担研究者)配偶者・パートナー間暴力予防のための教育プログラムの開発と評価(2008)
文部科学省科学研究費補助金基盤研究 (C)一般(分担研究者)男性高齢者にむけた介護予防サービス開発に関する研究(2007)

本学教育担当科目

学部 学士課程

コミュニティ政策論(2022)公衆衛生看護方法論Ⅰ(2022)公衆衛生看護方法論Ⅱ(2022)公衆衛生看護方法論Ⅱ演習(2022)

大学院 博士前期課程(修士)
大学院 博士後期課程(博士)

他大学等の非常勤講師

学校名

その他教育上の実績

実践例
教科書作成

最新老年看護学改訂版.水谷信子,水野敏子,高山成子,高崎絹子編集:第10章D市町村における老年看護活動, 日本看護協会出版会, 2015年

教材作成

社会貢献活動

地域貢献

福井県健康福祉部地域福祉課保健師人材育成ガイドライン検討委員会座長(2021)
福井市社会福祉審議会委員(2019-2021)
福井県健康福祉部地域福祉課保健師人材育成ガイドライン検討委員会委員長(2019)
福井市地域密着型サービス事業者選定委員会 福井市地域密着型サービス事業者選定委員会委員(2018-2022)
大野市認知症初期集中支援チーム検討委員会委員(2018-2022)
日本看護協会健康寿命の延伸に向けた地域連携推進に関する検討委員会委員(2018)
福井県保健師人材育成ガイドライン検討委員会委員(2017)
福井県看護協会広報検討委員会委員(2017)
福井県看護協会ワークライフバランス委員会委員(2017)
福井県看護協会保健師職能委員会委員(2016-2019)
福井市介護予防・生活支援サービス検討協議会委員長(2016-2021)
福井市地域包括ケア推進協議会議委員(2016-2021)
医学書院(株)保健師ジャーナル編集委(2013-2014)
鯖江市介護予防評価委員(2010-2016)

国際貢献
その他

講義・講演可能テーマ

タイトル

職務上の実績

学内
学外