検索

シラバス(令和3年度)

Syllabus

博士後期課程(博士) / 看護学 / 実践看護科学分野

子どもと家族・女性看護科学演習B

Practicum B: Nursing Science for Child, Family and Women

印刷用PDF

担当教員西村 真実子、濵 耕子、亀田 幸枝、米田昌代
実務経験
開講年次2年次通年単位数4単位授業形態講義・演習
必修・選択選択時間数60時間
学習目的・目標

目的:
各自の問題意識に基づき研究で取り扱う現象についての知識や経験を深めるとともに、自らの研究課題の明確化、研究計画の立案、研究活動を進めていく。これらの研究活動を通して、研究的な思考力や態度を修得する。

目標:

1)問題現象についての知識や見識を深め、問題現象を解決する手立てや戦略について、多角的に考える。
2)問題現象を解決するために必要となる研究課題を検討し、どのような方法論、手順でアプローチするのが最も適切かを考える。
3)上記のプロセスを通して、自らの研究計画を作成にする。
授業計画・内容
1.問題意識の明確化
2.研究課題に関連する文献レビューと抄読
3.研究計画の検討
4.研究活動実施上の問題点とその解決についての検討
教科書

随時紹介する

参考図書等

随時紹介する

評価指標

1 授業への参加状況
2 プレゼンテーションおよびその資料

関連科目

子どもと家族・女性看護科学特論、子どもと家族・女性看護科学演習A、特別研究(子どもと家族・女性看護科学)

教員から学生への
メッセージ

学生の探究心と主体的に学ぶ態度を期待し重んじます。

HOME > シラバス(令和3年度) > シラバス > 子どもと家族・女性看護科学演習B