検索

シラバス(令和3年度)

Syllabus

博士後期課程(博士) / 看護学 / 実践看護科学分野

在宅看護科学特論

Home Care Nursing

印刷用PDF

担当教員林 一美
桜井 志保美
実務経験
開講年次1年次前期単位数2単位授業形態講義
必修・選択選択時間数30時間
学習目的・目標

学習目的:
在宅看護や在宅ケアに関する知識を多面的に深めることにより、在宅看護のエビデンスや課題を理解し、自分の研究課題に必要な知見を得ることができる。
学習目標:
在宅看護や在宅ケアに関する国内外の先行研究や自らの実践例の分析を通して、研究プロセスや研究意義を理解し、自分の研究課題や意義を明確にすることができる。

授業計画・内容
1.在宅看護に関する自分の関心ある研究テーマについて国内外の研究論文(文献)の紹介、クリティークを行う。
2.在宅看護や在宅ケアの課題に対する研究課題、研究方法、理論的枠組みの学習・検討を行う。
以上から、在宅看護における自分の研究の課題や意義を明確にする。
教科書

なし

参考図書等

適宜、提示する

評価指標

レポートおよび討論内容等による

関連科目

在宅看護科学演習A
在宅看護科学演習B

教員から学生への
メッセージ

学生の主体的な取り組みを期待します。

HOME > シラバス(令和3年度) > シラバス > 在宅看護科学特論