検索

シラバス(令和3年度)

Syllabus

博士後期課程(博士) / 看護学 / コミュニティケア・看護デザイン科学分野

看護デザイン科学特論

Nursing Design Science

印刷用PDF

担当教員中田 弘子
小林 宏光
武山 雅志
実務経験
開講年次1年次前期単位数2単位授業形態講義
必修・選択選択時間数30時間
学習目的・目標

目的:
さまざまな健康レベルの対象への看護をデザインする意義、方法、成果などを具体例に則して検討を行い、看護実践上の課題を探求する能力を修得する。
目標:
1)対象の安全・安楽・自立を促す新たな看護技術、用具開発のための課題を考察する。
2)対象の回復を促進する新たな療養環境・設備開発のための課題を考察する。

授業計画・内容
1.看護技術・用具の開発、看護管理システム開発などに関連した文献検討を行う。
2.看護デザイン科学における研究方法として、研究計画立案から調査実施、解析、評価、発表までを含めて理解する。
3.研究課題に即した研究方法について討議する。
4.具体的な進め方は協議の上決めていく。
教科書

なし

参考図書等

随時紹介する

評価指標

授業への参加状況・討論内容(40%)、発表(30%)、レポートの状況(30%)

関連科目

看護デザイン科学演習A・B

教員から学生への
メッセージ

新しい分野の開拓を期待する。

HOME > シラバス(令和3年度) > シラバス > 看護デザイン科学特論