検索

シラバス(令和3年度)

Syllabus

博士前期課程(修士) / 実践看護学領域 / 女性看護学分野

女性看護学特論Ⅰ

Women's Health Nursing Ⅰ

印刷用PDF

担当教員濵 耕子、亀田 幸枝、米田 昌代、川島 和代、三部 倫子
実務経験
開講年次隔年前期単位数2単位授業形態講義
必修・選択選択時間数30時間
学習目的・目標

リプロダクティブヘルス・ライツに関する歴史社会的背景を知り、性と生殖に関する女性の健康と人権の学習を行う。女性のライフサイクル各期における家族の発達学的段階と健康課題、リプロダクティブヘルスの課題について理解し、支援のあり方を探究する。

授業計画・内容
  内容  授業方法  担当
1オリエンテーション
女性看護学とは リプロダクティブヘルス/ライツ
講義・討議濵・亀田・米田
2中高年の性講義川島
3-4性の多様性の基本的理解、性の多様性と看護講義三部
5-8

女性のライフサイクルと健康:各ライフステージの女性の発達課題や社会環境等も考慮しつつ、健康への援助を学習する。講義を踏まえ、各学生の関心課題に基づきプレゼンテーションを行い、討議する。

1. 思春期における女性の健康問題と看護

プレゼンテーション・討議濵・亀田・米田
9-122. 成熟期における女性の健康問題と看護プレゼンテーション・討議濵・亀田・米田
13-153. 中高年期における女性の健康問題と看護プレゼンテーション・討議濵・亀田・米田
15全体を通しての討議・まとめ討議濵・亀田・米田
教科書

随時紹介する

参考図書等

随時紹介する

評価指標

プレゼンテーション・討議

関連科目

女性看護学特論Ⅱ、女性看護学特論Ⅲ、女性看護学演習Ⅰ、女性看護学演習Ⅱ、特別研究(女性看護学分野)、特別研究(助産看護学分野)

教員から学生への
メッセージ

2021年度開講科目です。

女性の心身の健康について、ライフサイクルはもとより歴史や文化・社会環境等のさまざまな視点から考えてみましょう。

HOME > シラバス(令和3年度) > シラバス > 女性看護学特論Ⅰ