検索

シラバス(令和3年度)

Syllabus

博士前期課程(修士) / 実践看護学領域 / 成人看護学分野

急性期病態治療学特論

Clinical Pathophysiology / Management of Critically ill Patients

印刷用PDF

担当教員紺家 千津子
実務経験
開講年次1年次前期単位数2単位授業形態講義
必修・選択選択時間数30時間
学習目的・目標
《学習目的》
呼吸・循環・代謝・創傷の病態の変化を理解すると共に、患者のアセスメントができる知識を修得する。
《学習目標》
1. 急性期の生理学的変化と病態を理解ができる。
2. 急性期病態患者のアセスメントができる。
3. 医学的介入による回復が理解でき、看護援助へ結びつけることができる。
授業計画・内容
内容授業方法担当

 1

オリエンテーション、急性期医療における看護師の役割

講義

紺家

 2

急性期医療における看護の専門性と病態生理との関係

講義

紺家

 3

身体侵襲

講義

紺家

 4

身体侵襲と生体反応

講義

紺家

 5

呼吸不全の病態と管理

講義

紺家

 6

循環不全の病態と管理①

講義

紺家

 7

循環不全の病態と管理②  心不全ガイドライン

講義

紺家

 8

消化器疾患の病態と管理①

講義

紺家

 9

消化器疾患の病態と管理②

講義

紺家

10

泌尿器疾患の病態と管理

講義

紺家

11

創傷治癒過程と管理

講義

紺家

12

SSIの病態と管理

講義

紺家

13

熱傷・外傷の管理

講義

紺家

14

急性期リハビリテーション

講義

紺家

15

急性期リハビリテーション

講義

紺家

教科書

随時提示する。

参考図書等

随時提示する。

評価指標

出席によるディスカッション40%、最終レポート60%

関連科目

成人看護学特論
急性期援助論
急性期看護学演習

教員から学生への
メッセージ

知識の習得のみならず、患者を診て適切な判断と対応ができることを目指します。

HOME > シラバス(令和3年度) > シラバス > 急性期病態治療学特論