検索

シラバス(令和3年度)

Syllabus

博士前期課程(修士) / 実践看護学領域 / 成人看護学分野

がん看護学演習Ⅰ

Oncology Nursing Ⅰ

印刷用PDF

担当教員牧野 智恵、紺家 千津子、松井 優子、若杉彩、村上 真由美、久保 博子
実務経験
開講年次1年次前期単位数2単位授業形態講義・演習
必修・選択選択時間数30時間
学習目的・目標

学習目的:
がん薬物療法と療養過程のマネージメントについて学び、Evidence based practice のために必要な知識を習得する。
学習目標:
1.がん薬物療法の効果と有害事象のメカニズムについて理解できる。
2.がん薬物療法中の患者へのEvidence based practice のために事例を通して、ケアとキュアの融合ができる。
3.がん薬物療法中の患者に生じる粘膜障害の支援を理解する。

授業計画・内容
   回  内容  授業方法  担当
  1-2

がん薬物療法と予防メカニズム

講義・討議

牧野

  3-4

消化器・呼吸器がん薬物療法と療養過程のマネージメント
大腸がん・胃がん・肺がん患者のEvidence   based practiceのための事例分析

大腸がん・胃がん・肺がん;事例から現病歴、病理・画像診断、看護情報などからアセスメントし、必要な医療処置と看護ケアに関した臨床判断を討議する
専門看護師の立場から治療の意志決定、化学療法中の支持療法、多職種との協働のあり方について

講義・討議

久保・牧野

  5-6造血器腫瘍薬物療法(造血器幹細胞移植を含む)と療養過程のマネージメント
白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫;事例から現病歴、病理・画像診断、看護情報などからアセスメントし、必要な医療処置と看護ケアに関した臨床判断を討議する
専門看護師の立場から治療の意志決定、化学療法、緩和ケアのチーム体制との協働のあり方について

講義・討議

松井・牧野

  7-8乳がん・生殖器系がん薬物療法と療養過程のマネージメント
乳がん・生殖器系がん;事例から現病歴、病理・画像診断、看護情報などからアセスメントし、必要な医療処置と看護ケアに関した臨床判断を討議する
専門看護師の立場から治療の意志決定、化学療法中の支持療法、緩和ケアのチーム体制との協働のあり方について

講義・討議

村上・牧野

  9-10

がん化学療法を受ける患者への粘膜および創の管理
・薬物療法における粘膜障害の特徴およびそのケアについて

討議

紺家・牧野

  10-13

化学療法を受けているがん患者の経済上の問題、および医療・福祉施策について

講義

若杉・牧野

  14-15がん化学療法を受ける患者へのマネージメント
学生のこれまでの看護実践の中から、化学療法を受ける患者・家族への困難な事例
について討議し、マネージメントについて理解を深める

討議

牧野

教科書
参考図書等

・鈴木志津枝、小松浩子 監訳 「がん看護PEP リソース」医学書院、2013年
・西条長廣監修;EBM がん化学療法・分子標的治療法、中外医学社、2015年
・小島美佐子・佐藤麗子監訳;がん看護 コアカリキュラム、医学書院、2008年

評価指標

各セッションの準備状況と学習への取り組み(40%)、事例分析時の発表・質疑応答内容(40%)、レポート(20%)によって評価する。

関連科目

がん看護学演習Ⅱ

教員から学生への
メッセージ
事前に配布される事例あるいは講師からの事前課題については、Evidence based practice のためのステップに沿ってあらかじめ分析しておくこと。
自らのケア経験も交えて積極的にディスカッションしましょう。

HOME > シラバス(令和3年度) > シラバス > がん看護学演習Ⅰ