検索

シラバス(令和3年度)

Syllabus

博士前期課程(修士) / 健康看護学領域 / 地域・精神・保健学分野

地域看護管理特論

Community Health Nursing Manegement

印刷用PDF

担当教員塚田 久恵、石垣 和子、茅山 加奈江
実務経験
開講年次2年次前期単位数1単位授業形態講義・演習
必修・選択選択時間数15時間
学習目的・目標

《学習目的》
(行政)地域看護を統括する国、県とそれにつながる市町村のシステムを全体的に理解し、俯瞰的な観点から(行政)地域看護CNSの立場・役割を認識するとともに、CNSとして(行政)地域看護実践のリーダーシップを発揮し、高度な実践や実践者に関する管理能力を発揮するために必要な方法や技術を学修する。
《学習目標》
(1)地域看護のリーダーシップに関する理論、方法を学修する 。
(2)地域看護の業務管理・質管理に関する理論、方法を探求する 。
(3)地域看護におけるリスクマネジメントの方法、必要な技術について学修する 。
(4)レベルの異なる自治体間の連携・協働及び国との関係等を俯瞰することを通じて地域看護CNSの役割を学修する。

授業計画・内容
  回  内容  授業方法  担当
  1-2

オリエンテーション

リーダーシップと地域看護管理・データマネジメント / 地域看護における人材育成と人材管理

 

講義および

discussion

塚田

石垣

  3-4

地域看護におけるリスクマネジメントについて

講義および

presentation

discussion

塚田

  5

健康危機管理における保健師の役割

講義および

discussion

塚田

  6-7

行政地域看護を統括する国ー県ー市町村のシステム/県庁組織とその機能

県レベルにおける施策化と事業評価

講義および

discussion

芽山

塚田

  8地域看護CNSの立場・役割について

presentation

および

discussion

石垣

塚田

 

教科書

特になし  資料等適宜配布する。

参考図書等

図書は適宜紹介する。

評価指標
出席日数が全体の2/3以上を満たしていること(評価対象としての条件)
課題レポートの内容(地域看護管理の目的や機能、看護職の役割等看護福祉政策を実践する現場を通しての理解、学びを問う); 60%
課題発表と討論への参加状況(他者へのわかりやすさを配慮した表現力、学習の自主性および主体性を重視); 40%
関連科目
教員から学生への
メッセージ

〔メッセージ〕課題発表と討論を中心に地域看護管理におけるCNSの役割について考えたいと思います。自ら学ぶ積極的な態度を期待します。

HOME > シラバス(令和3年度) > シラバス > 地域看護管理特論