検索

シラバス(令和3年度)

Syllabus

博士前期課程(修士) / 健康看護学領域 / 看護デザイン分野

看護デザイン特論Ⅱ

Nursing DesignⅡ

印刷用PDF

担当教員小林 宏光
垣花 涉
浅見 洋
実務経験
開講年次1年次前期単位数2単位授業形態講義・演習
必修・選択選択時間数30時間
学習目的・目標

学習目的:看護技術,療養環境または医療を取り巻く文化的な要素の理解を深め、看護デザインにおける研究・開発プロセスについて学ぶ。
学習目標:人間の文化的,生理的,心理的特性を理解し、これに適合した療養環境や看護技術を考究することができる。

授業計画・内容
   回  内容  授業方法  担当
  1オリエンテーション 講義小林・垣花・浅見
  2

文化ケアについて(1)
M.Leininger:Cultural Careについて

浅見
  3文化ケアについて(2)浅見
  4文化ケアについて(3)浅見
  5スピリチュアルケア・グリーフケアについて浅見
  6バイオメカニクスの観点から看護デザイン(1)垣花
  7バイオメカニクスの観点から看護デザイン(2)垣花
  8バイオメカニクスの観点から看護デザイン(3)垣花
  9バイオメカニクスの観点から看護デザイン(4)垣花
  10バイオメカニクスの観点から看護デザイン(5)垣花
  11環境適応の観点からの看護デザイン(1)小林
  12環境適応の観点からの看護デザイン(2)小林
  13環境適応の観点からの看護デザイン(3)小林
  14ユーザビリティの観点からの看護デザイン(1)小林
  15ユーザビリティの観点からの看護デザイン(2)小林
教科書

研究文献を随時紹介

参考図書等

プリント等適宜配布

評価指標

出席状況、討議内容
プレゼンテーション、課題レポート

関連科目

看護デザイン論 看護デザイン演習Ⅰ 看護デザイン演習II

教員から学生への
メッセージ

この特論では文化的、医学生理学的、人間工学的な視点からよりよい看護のデザインを探究します。

HOME > シラバス(令和3年度) > シラバス > 看護デザイン特論Ⅱ