検索

シラバス(令和3年度)

Syllabus

博士前期課程(修士) / 共通科目 / 共通科目

特別研究(看護デザイン分野)

Special Research

印刷用PDF

担当教員小林 宏光
実務経験
開講年次2年次通年単位数6単位授業形態講義・演習
必修・選択必修時間数135時間
学習目的・目標

看護現場の様々な問題について、客観的な根拠を持つ具体的な解決方法を示す研究を行う。当該分野の学術誌に投稿できる水準の研究を目標とする。

授業計画・内容
  回  内容  授業方法  担当
 

テーマの設定
研究の実施においては、適切な研究課題の設定が何より重要である。したがって研究テーマの設定は拙速を良しとせず、十分な時間をかけて準備を行う。

調査・実験の実施
研究においては目的が主であり方法は従であるべきである。既存の枠にとらわれずに、目的にあった研究手法を選択する。

論文の作成
論文では、論理的であること、結論が具体的であり説得力があることを重視する。修士論文として発表して終わりではなく、できるだけ学会発表や学術誌への論文掲載を目指す。

個別指導小林
教科書

特になし

参考図書等

適宜紹介する。

評価指標

修士論文の完成度

関連科目
教員から学生への
メッセージ

HOME > シラバス(令和3年度) > シラバス > 特別研究(看護デザイン分野)