検索

シラバス(令和3年度)

Syllabus

博士前期課程(修士) / 共通科目 / 共通科目

看護福祉政策論

Nursing and Social Welfare Politics and Policy

印刷用PDF

担当教員塚田 久恵、三部 倫子、曽根 志穂、石垣 和子
実務経験
開講年次1年次後期単位数2単位授業形態講義
必修・選択選択時間数30時間
学習目的・目標

《学習目的》
保健・医療・福祉政策および看護政策の現状と課題に対して、地域、企業、NPO、家族、ボランティアなど多様な社会集団の相互作用の中で、人びとの健康生活、地域社会に貢献する看護の政策的働きかけの方法を教授する。
《学習目標》

1.保健・医療・福祉政策および看護政策の現状と課題を理解する。
2.我が国の保健・医療・福祉政策および看護政策における看護職の役割・機能について検討する。
3.看護職として法律・制度・組織を活用する方法、情報収集と分析、課題の明確化と立案、政策の提言、立法化までの政策形成過程について修得する。
4.地域、企業、NPO、家族、ボランテイアなど多様な社会集団の相互作用を活かした、看護の政策的働きかけの方法を理解する。
授業計画・内容
  回  内容  授業方法  担当
  1オリエンテーション説明と討議塚田久恵
  2我が国の社会保障制度の概要講義三部倫子
  3我が国の社会保障制度と政策過程講義三部倫子
  4高齢者保健福祉政策と看護の政策的働きかけ講義塚田久恵
  5

成人保健福祉施策と看護の政策的働きかけ

講義塚田久恵
  6

災害保健福祉活動と看護の政策的働きかけ

講義曽根志穂
  7看護職をめぐる近年の医療界の動きとその政策的意味講義石垣和子
  8~13

4~7回で学んだ看護福祉政策を実践する現場へ出向き、実践現場の見学や職員との意見交換により体験的に学ぶ。訪問する現場は開講時に提示する選択肢の中から選び、半日を単位として訪問する。

 

高齢者を対象とするNPO法人
障害者相談施設
地域包括支援センター
児童保護施設
看護職能団体
特定行為研修施設    等
演習塚田久恵
三部倫子
曽根志穂
石垣和子
  14看護福祉政策の現状と課題(1)プレゼン

塚田久恵
三部倫子

曽根志穂
石垣和子

  15看護福祉政策の現状と課題(2)プレゼン
16日本の地域包括ケア体制の推進と諸外国の高齢者保健福祉施策講義石垣和子
教科書

見藤隆子他:看護職者のための政策過程入門、日本看護協会出版会、2007
その他文献等、適宜配布する。

参考図書等

日本看護協会編:日本看護協会の政策提言活動、日本看護協会出版会、2010
Ann McDonald(原著)、杉本敏夫(翻訳):高齢者福祉とソーシャルワークー現代的な課題.晃洋書房、2003
佐藤久夫、小澤 温:障害者福祉の世界 第4版(有斐閣アルマ)、2013

評価指標

課題発表と討論への参加状況50%、レポート内容50%により、総合的に評価する。

関連科目
教員から学生への
メッセージ

我が国の保健・医療・福祉および看護の制度・政策の理解ばかりでなく、そこでの看護の政策的働きかけをどうしていくのか、どうしていくべきなのかについて検討していきましょう。

HOME > シラバス(令和3年度) > シラバス > 看護福祉政策論