検索

シラバス(令和3年度)

Syllabus

博士前期課程(修士) / 共通科目 / 共通科目

看護教育特論

Nursing Education

印刷用PDF

担当教員石川 倫子
実務経験
開講年次1年次前期単位数2単位授業形態講義
必修・選択選択時間数30時間
学習目的・目標
《学修目的》
看護の質向上のために、教育・学習理論の変遷、看護教育の歴史的変遷を理解し、看護継続教育の在り方や専門職教育の在り方を考究する。
《学修目標》
1.教育学における学習理論の変遷を理解したうえで、看護教育の変遷を理解する。
2.看護継続教育のシステムと成人教育の在り方を理解する。
3.看護師の役割拡大に向けた看護教育の現状と課題について考究する。
4.看護専門職育成に向けた教育方法とその評価を理解し、自己の教育実践からさらに考究する。
授業計画・内容
  回  内容  授業方法  担当
  1~2

ガイダンス
教育・学習理論の歴史的変遷

看護教育の歴史的変遷、教育課程編成

看護教育制度、関連法規

講義石川
  3〜6教育・学習理論の歴史的変遷と看護教育の統合
看護学を検討するための基盤 看護基礎教育・卒後教育・継続教育との関連
講義・討議石川
看護の役割拡大に向けた看護教育の現状と課題講義・討議
  7〜8
  9〜11
看護教育における教育方法と評価講義・討議石川

教育方法の開発(1)

講義
 12〜13教育方法の開発(2)講義石川
 14~15

自己の看護教育実践からの経験学習

看護教育の課題・まとめ

プレゼン・討議石川
教科書

授業の中で提示する。

参考図書等

授業の中で提示する。

評価指標

出席によるディスカッション及びプレゼンテーション50%、最終レポート50%

関連科目

専攻領域と関連づけて看護教育を考えて欲しい

教員から学生への
メッセージ

現状について論理的、かつ建設的にディスカッションできることを期待します。

HOME > シラバス(令和3年度) > シラバス > 看護教育特論