検索

シラバス(令和3年度)

Syllabus

博士前期課程(修士) / 共通科目 / 共通科目

看護科学と看護理論 Nursing Science and Nursing Theory

Nursing Sciences and Nursing Theory

印刷用PDF

担当教員川島 和代、石垣 和子、西村 真実子、浅見 洋、牧野 智恵、中田弘子、濵 耕子
実務経験
開講年次1年次前期単位数2単位授業形態講義
必修・選択必修時間数30時間
学習目的・目標
《学習目的》
看護理論の成り立ちとその活用・限界を学修する。具体的には以下の内容である。
1.主な看護理論の内容と背景にある考え方を学修する。
2.看護学固有の科学性とは何か、看護現象の科学的な捉え方、看護哲学と看護理論の結びつき、看護理論による看護現象の説明、看護研究における科学的手法等を学修する。
《学習目標》
討議に積極的に参加し、上記の内容を自らの看護実践や研究に還元できるように修得する。
授業計画・内容
  回  内容  授業方法  担当
  1ガイダンス、看護とは何か講義川島

  2

看護理論と看護実践の連関講義・討議川島
  3看護哲学と人間科学(1)講義・討議浅見
  4看護哲学と人間科学(2)講義・討議浅見
  5中範囲理論と看護への活用講義・討議西村
  6大理論と看護への活用講義・討議西村
  7看護哲学と看護理論ベナー(1)講義・討議中田
  8看護哲学と看護理論ベナー(2)講義・討議中田
  9看護実践モデルとと看護理論:オレム(1)講義・討議
  10看護実践モデルとと看護理論:オレム(2)講義・討議
  11トラベルビーの人間関係論(1)講義・討議牧野
  12トラベルビーの人間関係論(2)講義・討論牧野
  13看護理論の基盤となる諸科学の概観講義・討論石垣
  14看護理論と看護学の科学としての将来講義・討論石垣
  15総括川島
教科書

各教員からの指定文献・配布資料

参考図書等

看護理論家の業績と理論評価:筒井真由美 医学書院、2019
看護論(ベナー著):医学書院    その他適宜紹介する。

評価指標

70%上の出席を全体条件とする。
レポート、討論の参加状況等により看護理論への理解度を判断する。7割の理解度にて合格とする。

関連科目
教員から学生への
メッセージ

オムニバス形式ではあるが、それぞれの回をしっかり学習し、最後には総合的な学びとなるよう討議に参加してください。

各自の看護実践を事例として検討することもあります。

HOME > シラバス(令和3年度) > シラバス > 看護科学と看護理論 Nursing Science and Nursing Theory