検索

シラバス(令和3年度)

Syllabus

学部 / 看護専門領域 / 看護の発展

災害看護論

Disaster Nursing

印刷用PDF

担当教員林 一美、谷本千恵、金谷雅代
実務経験複数の教員が担当しており、全員に病院勤務経験がある。
開講年次4年次後期単位数1単位授業形態講義
必修・選択必修時間数15時間
学習目的・目標

災害看護の基礎知識と看護について理解し、看護職の役割について考えることができる。

授業計画・内容
  回  内容
  1-2災害看護の概要について理解する
1. 災害の定義と分類
2. 災害看護の定義と目的
3. 災害各期の保健・医療・福祉のニーズと援助
4. 災害医療における多職種連携
5. 災害にかかわる法律
  3-4災害の急性期看護について理解する
1.トリアージ
2.災害特有の疾病と治療および看護
3.災害現場における超急性期・急性期看護と実際
4.DMATの活動:医療救護班の活動と連携
  5災害の亜急性期看護について理解する
1.避難所における健康と生活支援
2.要配慮者の避難所生活支援
  6災害と子どものケアについて理解する
1.災害が子どもの心身に及ぼす影響
2.災害時の子どもと家族への対応
3.特に支援を必要とする子どもと家族への援助
4.被災した子どもの家族・養育者への援助
  7災害とこころのケアについて理解する
1.災害がもたらす精神的影響
2.こころのケアとは
3.被災者のこころのケア
4.救援者のこころのケア
  8まとめ
教科書

小原真理子、酒井明子:災害看護 心得ておきたい基本的な知識、南山堂

参考図書等

参考図書、関連文献は適宜紹介する。

評価指標

レポート・課題25%、試験75%

関連科目
教員から学生への
メッセージ

日頃から災害に関する情報に関心をもち、新聞やニュース等から積極的に情報を得るようにしましょう。

HOME > シラバス(令和3年度) > シラバス > 災害看護論