検索

シラバス(令和3年度)

Syllabus

学部 / 看護専門領域 / 看護の発展

研究方法論

Methodology of Nursing Research

印刷用PDF

担当教員紺家 千津子、中道 淳子、松本 智里
実務経験複数の教員が担当しており、病院勤務等と教員としてのキャリアを活かした実践的教育を行っている。
開講年次3年次後期単位数1単位授業形態講義
必修・選択必修時間数15時間
学習目的・目標

目的:
研究の科学的なプロセスを段階を追って学ぶ。また、これらの学習を通して、看護研究の意義や目的を理解する。
目標:
1. 研究過程(研究課題の発見、研究デザインと研究方法の決定、データの分析、研究結果の解釈と報告)における基本事項を理解する。
2. 特定の研究課題に関する文献検索と既存の情報の要約と、パソコンによる統計手法の実施を通して、これらの作業の要点を学ぶ。
3. 看護研究の目的がクライエントへの効果的なケアの探求と、看護知識の蓄積であることを理解する。

授業計画・内容
  回  内容  担当
  1看護研究の概念(臨床的意義)、研究過程の概観紺家
  2研究の理論的枠組みと仮説紺家
  3-4文献検索と文献検討、研究倫理中道
  5データ収集・データ分析紺家
  6量的研究松本
  7質的研究松本
  8研究結果のまとめかたと発表のしかた:卒業研究発表会の参加紺家
教科書

南裕子・野嶋佐由美 編:看護における研究 第2版 (日本看護協会出版会)

参考図書等

石井京子・多尾清子 著:ナースのための質問紙調査とデータ分析第2版(医学書院)
山崎茂明・六本木淑恵 著:看護研究のための文献検索ガイド(日本看護協会出版会)
牧本清子・山川みやえ 著:よくわかる看護研究論文のクリティーク第2: 研究手法別のチェックシートで学ぶ (日本看護協会出版会)

評価指標

レポート100%
講義の進行にそって、学習成果を問うためのレポート課題を提示します。提出されたレポートの内容に対して評価を行います。(出席は規程どおり2/3以上必要)

関連科目

卒業研究

教員から学生への
メッセージ

4年次の卒業研究の前段階になります。研究対象となる看護の現象やそれらをとらえる研究方法は様々です。研究についての基本的事項を学ぶとともに、臨床実習の経験もいかして研究課題の発見につなげていきましょう。将来、発表された研究の賢明な利用者、看護知識の蓄積に寄与する研究者になるための基本を理解しましょう。

HOME > シラバス(令和3年度) > シラバス > 研究方法論