検索

シラバス(令和3年度)

Syllabus

学部 / 看護専門領域 / 看護援助の方法

母性看護方法論演習

Practice:Maternity Nursing

印刷用PDF

担当教員米田 昌代、濵 耕子、亀田 幸枝、曽山 小織、桶作 梢
実務経験複数の教員が担当しており、全員に病院勤務経験がある。
開講年次3年次前期単位数1単位授業形態演習
必修・選択必修時間数30時間
学習目的・目標

【目的】
マタニティサイクルにある母子およびその家族の特徴と健康問題を査定し、妊婦・産婦・褥婦および新生児とその家族への看護の方法について理解できる。
【目標】
1. 妊婦体験を通して、妊娠による心身の変化と日常生活に及ぼす影響、看護者としてのケアや支援を考えることができる。
2. 紙上事例を通して、計画立案までの母性看護の看護過程の展開ができる。
3. 技術演習により、母性看護の基本的看護技術を実践し、その方法について説明できる。

授業計画・内容
  回  内容
  1-4ガイダンス
妊婦の看護
1)妊婦体験
2)紙上事例による妊婦の看護過程の展開
  5産婦の看護
ー紙上事例による産婦および胎児の健康問題の査定
  6-8褥婦の看護
ー紙上事例による褥婦の看護過程の展開
  9-11新生児の看護
ー紙上事例による新生児の看護過程の展開
母子の看護
ー紙上事例による継続看護に関するグループワーク
  12-15母性看護実践に必要な基本的看護技術演習
ー妊婦・褥婦・新生児の観察と看護に必要な技術演習
教科書

恵美他:系統看護学講座 専門分野Ⅱ 母性看護学2 母性看護学各論(医学書院)
中込さと子他編:ナーシング・グラフィカ 母性看護学① 概論・リプロダクティブヘルスと看護(メディカ出版)
小林康江他編:ナーシング・グラフィカ 母性看護学② 母性看護の実践(メディカ出版)

参考図書等

新道幸惠他編:新体系看護学全書母性看護学②マタニティサイクルにおける母子の健康と看護(メヂカルフレンド社)
荒木奈緒他編:ナーシング・グラフィカ 母性看護学③ 母性看護技術(メディカ出版)
仁志田博司:新生児学入門 第5版(医学書院)
荒木勤:改訂第22 版 最新産科学 正常編(文光堂)
荒木勤:改訂第22 版 最新産科学 異常編(文光堂)
井上裕美他編:病気がみえるvol10 産科 第4版(MEDIC MEDIA)
その他:適宜提示予定

評価指標

レポート・紙上事例 100%

関連科目

疾病障害論Ⅳ(母性)、母性看護学概論、母性看護方法論、母性看護学実習

教員から学生への
メッセージ

妊婦・産婦・褥婦や新生児をイメージすることは難しいかもしれませんが、紙上事例を通して、家族や環境も含めて本来人間に備わっている力を上手く引き出すよりよい支援のあり方について積極的に学びましょう。

HOME > シラバス(令和3年度) > シラバス > 母性看護方法論演習