検索

シラバス(令和3年度)

Syllabus

学部 / 看護専門領域 / 看護援助の方法

公衆衛生看護方法論Ⅲ

Community Health Nursing Ⅲ

印刷用PDF

担当教員金子 紀子、室野奈緒子、野川ゆみ
実務経験地方自治体等勤務経験のある教員が担当している。
開講年次3年次前期単位数1単位授業形態講義
必修・選択必修時間数15時間
学習目的・目標

【目的】
地域で生活する個人や家族、集団、組織に対して、その健康課題に応じた公衆衛生看護活動の展開方法を理解し、看護職の役割・ 機能を学習する。ライフサイクルと健康課題、活動の場ごとに学習する。
【目標】
母子保健福祉活動及び母子の保健指導に必要な知識・技術を説明できる。
成人・高齢者保健福祉、精神保健福祉、障害者保健福祉における公衆衛生看護活動の展開方法を理解し、看護職の役割・機能について述べることができる。
感染症の保健指導及び感染症の予防や蔓延予防に必要な知識・技術を説明できる。
難病対策における看護職の役割・機能について述べることができる。
学校保健の概要及び養護教諭の職務内容について説明できる。
産業保健の概要及び労働者の生活・労働環境と健康問題を理解し、健康の保持・増進を支援する産業看護職の役割について、述べることができる。

授業計画・内容
  回  内容
  1オリエンテーション
母子保健福祉対策と母性各期、乳幼児期の保健活動
  2成人保健福祉対策と成人期の保健活動・保健指導
高齢者保健福祉対策と高齢者の保健活動・保健指導

  3

障害者保健福祉対策と障害者の生活上の障害と保健指導
精神障害者保健指導に関わる援助技術・コミュニケーション技術

  4

難病患者の生活と保健指導
感染症保健活動
  5-6学校保健の概要、養護教諭の職務内容他
  7-8産業保健の概要、産業看護職の職務内容他
教科書

松本正己著者代表:標準保健師講座3 対象別公衆衛生看護活動(医学書院)
標美奈子著者代表:標準保健師講座1 公衆衛生看護学概論(医学書院)
中村裕美子著者代表:標準保健師講座2 公衆衛生看護技術(医学書院)
国民衛生の動向(厚生統計協会)最新版

参考図書等

宮﨑美砂子他著:最新公衆衛生看護学 各論1(日本看護協会出版会)
宮﨑美砂子他著:最新公衆衛生看護学 各論2(日本看護協会出版会)
荒賀直子他編:公衆衛生看護学.jp(インターメディカル)
公衆衛生マニュアル(南山堂)
保健師業務要覧(日本看護協会出版会) 

評価指標

定期試験の結果100%で評価する。

関連科目

地域看護学概論、公衆衛生看護方法論Ⅰ・Ⅱ・Ⅱ演習・Ⅲ演習、公衆衛生看護学実習、コミュニティ政策論、公衆衛生学、母性看護学、小児看護学、老年看護学、精神看護学の各科目

教員から学生への
メッセージ

公衆衛生看護方法論Ⅲを学ぶにあたっては、地域看護学概論および公衆衛生看護方法論Ⅰ・Ⅱ・Ⅱ演習を振り返り、さらに広い視野、柔軟な発想を持って学習に臨んでいただきたいと思います。

HOME > シラバス(令和3年度) > シラバス > 公衆衛生看護方法論Ⅲ