検索

シラバス(令和3年度)

Syllabus

学部 / 看護専門領域 / 看護援助の方法

老年看護方法論演習

Practice:Gerontological Nursing

印刷用PDF

担当教員中道淳子、額奈々、渡辺達也、川島和代
実務経験複数の教員が担当しており、全員に病院勤務経験がある。
開講年次3年次前期単位数1単位授業形態講義・演習
必修・選択必修時間数30時間
学習目的・目標

目的:
紙上事例から、老年期に起こり易い健康問題のアセスメント、看護援助計画・立案の知識・技術を習得し、看護過程が展開できる能力を養う。
目標:
1.ヘルスケア・アセスメントの技法について習得する。
2.紙上事例中に提示された事実から、看護に必要な事実を選び出し、部分的・断片的な情報の意味を考え関連づけて、対象であるその人全体の中に位置づけることができる。
3.高齢者が健康的に生きていくための視点をもって、看護の方向性・援助計画を立案できる。
4.対象にあわせたケアの手順書を作成することができる。

授業計画・内容
  回  内容
  1-2

ガイダンス 老年看護における看護過程の展開
【演習1】看護過程の展開:脳血管障害による片麻痺の高齢者への看護(事例提示)

  3-4【演習1】看護過程の展開:脳血管障害による片麻痺の高齢者への看護(展開の具体的な方法)
  5

【演習2】運動・排泄機能障害:移動・移乗動作の援助

  6-9

【演習3】看護過程の展開:(グループワーク)認知症があり老人保健施設で療養する高齢者への看護
事例提示・情報の整理、病態の押さえ、全体像看護の方向性、看護計画立案

  10

【演習3】看護過程の展開:(グループワーク)認知症があり老人保健施設で療養する高齢者への看護
発表・全体討議・まとめ

 11-12

【演習4】ケア計画立案、手順書作成

 13-14

【演習5】足浴・フットケア
【演習6】認知機能障害への非薬物療法

  15老年看護学における看護技術
教科書

水谷信子他編、最新 老年看護学、第3版、日本看護協会出版会、2020.

参考図書等

金川克子監修:最新高齢者看護プラクティス 疾病・障害をもつ高齢者の看護、初版、中央法規出版、2005.

評価指標

演習の課題レポート(60%)、事例のグループワーク(40%)

関連科目

老年看護方法論Ⅰ・Ⅱ、老年看護実習

教員から学生への
メッセージ

高齢者への看護援助技術を展開することは、自立と依存の関係に目を向けることです。この単元を習得し、自分の知識と関心を高齢者に表現する技として身につけて下さい。

HOME > シラバス(令和3年度) > シラバス > 老年看護方法論演習