検索

シラバス(令和3年度)

Syllabus

学部 / 看護専門領域 / 看護援助の方法

老年看護方法論Ⅰ

Gerontological Nursing Ⅰ

印刷用PDF

担当教員中道淳子、川島和代、渡辺達也、額奈々、閨利志子(非)
実務経験複数の教員が担当しており、全員に病院勤務経験がある。
開講年次2年次後期単位数1単位授業形態講義
必修・選択必修時間数15時間
学習目的・目標

目的:
老年期に特有な健康障害と看護に関して理解する。
目標:
1.加齢に伴う諸機能の低下が日常生活に及ぼす影響を説明できる。
2.各健康機能障害を有する高齢者が健康的に生きていくための視点を説明できる。

授業計画・内容
  回  内容
  1

ガイダンス
高齢者の健康障害の臨床的特徴
運動機能障害を有する高齢者への看護(1)

  2運動機能障害を有する高齢者への看護(2)
  3呼吸・循環機能障害を有する高齢者への看護
  4消化吸収機能障害を有する高齢者への看護
  5排泄機能障害を有する高齢者への看護
  6防衛機能障害を有する高齢者への看護
  7治療を受ける高齢者への看護
  8看護活動の場における高齢者事例の展開
教科書

水谷信子他編、最新 老年看護学、第3版、日本看護協会出版会、2020.

参考図書等
評価指標

試験(100%)

関連科目

疾病障害論Ⅰ~Ⅳ、老年看護概論、老年看護方法論Ⅱ、老年看護方法論演習

教員から学生への
メッセージ

高齢者特有の生活機能障害をもたらす健康障害を理解しよう。

HOME > シラバス(令和3年度) > シラバス > 老年看護方法論Ⅰ