検索

シラバス(令和3年度)

Syllabus

学部 / 看護専門領域 / 看護援助の方法

成人看護方法論演習Ⅰ

Practice:Adult NursingⅠ

印刷用PDF

担当教員紺家 千津子、大西 陽子、大橋 史弥、松本 智里、今方 裕子、瀧澤 理穂
実務経験複数の教員が担当しており、全員に病院勤務経験がある。
開講年次3年次前期単位数1単位授業形態演習
必修・選択必修時間数30時間
学習目的・目標

目的:対象の健康レベルに即した患者理解のために必要な知識を修得する。また、看護問題の解決に必要な実践的な思考プロセス(判断能力、応用能力、問題解決能力)を養い、基本的な援助を修得する。
目標:
1.周術期・侵襲的検査や処置を受ける事例を通してアセスメントし、看護問題を抽出できる。
2.看護計画を立案し、具体的な援助技術、援助方法を実践し修得できる。
3.患者への援助を提供する際に必要となる倫理的判断に対して、看護の立場から自分の考えを整理できる。

授業計画・内容
  回  内容  担当
  1-2◆ガイダンス…本授業の進め方、評価について
全身麻酔で手術を受ける人への看護
1.術前看護(1)
①周術期看護の概要(ERAS:Enhanced Recovery After Surgery; 術後回復の強化)
②入院前~退院支援における周術期のチームアプローチ  
③術前の全身状態の整え
紺家、大西、大橋
  3-42.術前看護(2)…事例紹介
①手術前日および手術当日(手術室への搬送)の準備と看護
②術前アセスメント
③手術室への搬送
④術後に備えたベッド作成、病室の環境整備
【演習1】術前処置(消化管洗浄、弾性ストッキング、呼吸リハビリテーション等)
紺家、大西、大橋、
松本、今方、瀧澤
  53.術中看護
①手術室看護師の役割
②手術開始から終了までの流れ
③麻酔記録、看護記録の見方
紺家、大西、大橋
  6-74.術後看護(1)…術直後の患者の全体像
①全身状態の観察とポイント
②創部とドレーンの管理方法
③疼痛の管理方法
【演習2】患者の全身状態の観察、ドレーン管理、創傷管理
紺家、大西、大橋、
松本、今方、瀧澤
  8-95.術後看護(2)…情報の統合:事例の病態
①術後1病日のアセスメント
②術後合併症(呼吸器合併症/循環器合併症/創感染等)
③情報の統合(病態の関連と看護問題の抽出)
紺家、大西、大橋
  10-116.術後看護(3)…事例の病態と療養生活の関連性
①術後合併症(消化器合併症)
②看護計画の立案
紺家、大西、大橋
  12-137.術後看護(4)…回復に向けての援助
①早期離床の援助
②退院・社会復帰に向けた看護
③看護サマリー
【演習3】早期離床(術後初回離床)の援助
紺家、大西、大橋、
松本、今方、瀧澤
  14-15

8.重篤な状態にある患者の看護
スワンガンツカテーテル、人工心肺、人工呼吸器、脳室ドレナージ
9.実技試験

紺家、大西、大橋、
松本、今方、瀧澤
教科書

系統看護学講座・別巻 臨床外科看護総論、臨床外科看護各論 医学書院
講義から実習へ 周手術期看護1~5、医歯薬出版

参考図書等

疾病・障害論で使用した教科書
系統看護学講座:成人看護学総論、専門分野Ⅱ 成人看護学2~11 医学書院
看護学大辞典第6版(電子版)メジカルフレンド社(図書館 e-book利用可)

評価指標

レポート課題25%、筆記試験60%、実技試験15%(授業・グループワークへの参加姿勢、課題のレポート、および小テスト・筆記試験等の評価点により、総合的に評価する)。

関連科目

本科目の履修条件は、基本的に成人看護学概論、成人看護方法論Ⅰ~Ⅲを履修し、単位認定されていることとする。
成人看護学概論、成人看護方法論Ⅰ~Ⅲ、解剖生理学/演習、代謝と栄養、疾病・障害論Ⅰ~ⅡC、フィジカルアセスメントⅠ・Ⅱ、臨床薬理学など

教員から学生への
メッセージ

患者は麻酔と手術を受けることにストレスを感じ、不安や恐怖を抱くことが推測されます。このような患者は心身共に支えられ、元の生活に戻ることができるような援助を必要としています。疾病・障害論等で学んだことを想起しながら演習に臨み、後期の実習につなげましょう。学習内容が詳細にわかる授業進行は、第1回の授業時に配布します。

HOME > シラバス(令和3年度) > シラバス > 成人看護方法論演習Ⅰ