検索

シラバス(令和3年度)

Syllabus

学部 / 人間科学領域 / 環境の理解

健康環境論

Environmental Health

印刷用PDF

担当教員今井秀樹
実務経験環境問題に関する公的機関での勤務経験を講義に活かした実践的教育を行っている。
開講年次3年次前期単位数1単位授業形態講義
必修・選択選択時間数15時間
学習目的・目標

環境問題には身近な地域レベルのものから地球規模のものまで幅広く存在する。その中から代表的な環境問題を取り上げ、その実態を科学的に理解する。また「環境」とはヒトあっての「環境」であり、ヒトの健康に影響を与えてこそ「環境問題」が「環境問題」たり得ることを理解する。

授業計画・内容
  回  内容
  1オリエンテーション(講義の趣旨)
  2講義1(自然環境と健康)とディスカッション
  3講義2(社会環境と健康)とディスカッション
  4講義3(生態系と健康)とディスカッション
  5報告テーマの決定
  6情報収集の方法
  7プレゼンテーション
  8レポートの作成方法
教科書

特に指定しません。

参考図書等

講義で紹介します。

評価指標

プレゼンテーション(35%)、レポート(35%)、出席(30%)

関連科目

公衆衛生学

教員から学生への
メッセージ

HOME > シラバス(令和3年度) > シラバス > 健康環境論