検索

シラバス(令和3年度)

Syllabus

学部 / 看護専門領域 / 健康・疾病・障害の理解

疫学

Epidemiology

印刷用PDF

担当教員今井秀樹
実務経験環境問題に関する公的機関での勤務経験を活かした実践的教育を行っている。
開講年次2年次前期単位数2単位授業形態講義
必修・選択必修時間数30時間
学習目的・目標

公衆衛生学に引き続き疫学を学ぶ。疫学は人間集団における健康状態とそれに関連する要因の頻度と分布を明らかにし、公衆衛生の発展を目指す分野である。今日では、保健・医療・看護の分野の基礎研究だけでなく、地域における実践活動においても疫学の知識が不可欠である。臨床疫学の応用であるEvidence-based Nursingでは、疫学的方法と臨床における個々の患者の特性に基づくケアとを融合し、個人についての研究と患者集団の研究とを結びつけて考察することが可能となる。

授業計画・内容
  回  内容
  1疫学的な考え方
  2疫学の基本的な用語
  3疫学的因果関係
  4疫学頻度の指標
  5相対危険と寄与危険
  6疫学研究のデザイン
  7疫学研究の質
  8スクリーニング検査
  9疫学調査の実際
  10社会疫学
  11政策疫学
  12臨床疫学とEBN
  13遺伝疫学
  14ライフコース疫学
  15まとめ
教科書

基本からわかる看護疫学入門第3版、大木秀一、医歯薬出版、2017.

参考図書等
評価指標

筆記試験100%

関連科目

保健統計学、公衆衛生学

教員から学生への
メッセージ

HOME > シラバス(令和3年度) > シラバス > 疫学