検索

シラバス(令和3年度)

Syllabus

学部 / 人間科学領域 / 情報

保健統計学

Health Statistics

印刷用PDF

担当教員今井秀樹
実務経験環境問題に関する公的機関での勤務経験を講義に活かした実践的教育を行っている。
開講年次2年次前期単位数2単位授業形態講義
必修・選択必修時間数30時間
学習目的・目標

看護の世界では,根拠に基づく看護evidence-based nursing(EBN)が重要になっている。統計学はその根拠を導き出す手法として重要であるので,基礎的知識としての統計学を身につける。詳しい理論や公式を覚えることよりも,実際に検定や推定が行え,正しいデータの解釈ができることを目標とする。

授業計画・内容
  回  内容
  1統計学と保健統計学(統計学的な表現とヒト集団における健康事象)
  2統計学(記述統計と推測統計、検定の概念)
  3統計学(調査と仮説)
  4統計学(質的データと量的データ)
  5統計学(統計データのグラフ表示)
  6統計学(確率と分布)
  7統計学(母集団・標本と推定)
  8統計学(検定の基礎知識、1群の標本の検定)
  9統計学(2群の標本の検定)
  10統計学(3群以上の標本の検定、カイ二乗検定)
  11統計学(相関係数の検定)
  12保健統計(おもな統計資料)
  13保健統計(人口動態統計、人口動態統計1)
  14保健統計(人口動態統計2、生命表)
  15保健統計(国民生活基礎調査、感染症発生動向調査、国民健康・栄養調査ほか)
教科書

系統看護学講座基礎分野 統計学、髙木晴良著、医学書院

参考図書等
評価指標

試験(100%)、出席状況(試験の成績によっては考慮する)
出席は毎回の小テストの提出による。

関連科目

アカデミックリテラシー、情報処理学、公衆衛生学、疫学、研究方法論

教員から学生への
メッセージ

統計学は使えるようになると面白くなってきます。一緒に勉強しましょう。

HOME > シラバス(令和3年度) > シラバス > 保健統計学