検索

シラバス(令和3年度)

Syllabus

学部 / 人間科学領域 / 人間の理解

臨床心理学

Clinical Psychology

印刷用PDF

担当教員松田幸久
実務経験
開講年次2年次前期・3年次前期単位数2単位授業形態講義・演習
必修・選択選択時間数30時間
学習目的・目標

心の一側面である「気持ち」を対象とし、そのしくみの理解、気持ちを受け渡しする技法、心理学的理論についての講義である。本授業では人の気持ちに関わる心理学的知見を修得することを目的とする。本授業を通じて、医療場面に有効な支援のあり方や援助に求められる態度への気づきを目指す。

授業計画・内容
  回  内容
  1ガイダンス:概要と本授業のルール
  2ヒトの理解(1):ヒトの進化
  3ヒトの理解(2):脳の機能と心1
  4ヒトの理解(3):脳の機能と心2
  5ヒトの理解(4):感情・動機づけ
  6ヒトの理解(5):学習・条件づけ
  7ヒトの理解(6):メンタルヘルス不全
  8技法(1):コミュニケーション1
  9技法(2):コミュニケーション2
  10技法(3):アセスメント1
  11技法(4):アセスメント2
  12理論(1):介入理論
  13理論(2):効果研究
  14理論(3):倫理綱領・インフォームドコンセント
  15理論(4):医療・看護と心理学まとめ
教科書

授業で配付する資料をテキストとする。

参考図書等

「よくわかる臨床心理学」(ミネルヴァ書房).「心理学第6版」(医学書院)

評価指標

授業ごとの提出物・レポート30%、定期試験70%で評価する。

関連科目
教員から学生への
メッセージ

本授業は心の「気持ち」に焦点を当て、従前の臨床心理学という概念に囚われず、医療、健康、神経生理、心理学全般の学術領域のトピックスで構成しています。初回のガイダンス時に本授業のルールを伝達しますので、授業をとる学生は必ず出席してください。

HOME > シラバス(令和3年度) > シラバス > 臨床心理学