検索

シラバス(令和3年度)

Syllabus

学部 / 人間科学領域 / 人間の理解

心理学

Psychology

印刷用PDF

担当教員松田幸久
実務経験
開講年次1年次前期単位数2単位授業形態講義
必修・選択必修時間数30時間
学習目的・目標

心理学において、「こころ」とは感覚・知覚、記憶、思考・判断、感情、生活、発達などの作用とその過程を意味する。本授業では人の心が有する機能、特徴をについて修得することを目的とする。本授業を通じて、心について理解し心理学的な問題解決能力の修得を目指す。

授業計画・内容
  回  内容
  1ガイダンス:概要と本授業のルール
  2心を変える、心が変わる、ということ
  3認知機能(1):感覚・知覚1
  4認知機能(2):感覚・知覚2
  5認知機能(3):認知
  6認知機能(4):選択的注意
  7認知機能(5):記憶
  8認知機能(6):性格・パーソナリティ
  9社会行動(1):集団の力1
  10社会行動(2):集団の力2
  11社会行動(3):認知的斉合性1
  12社会行動(4):認知的斉合性2
  13医療場面(1):神経・生理
  14医療場面(2):発達
  15医療場面(3):心理臨床
教科書

授業で配付する資料をテキストとする。

参考図書等

「心理学第6版」(医学書院).「基礎から学ぶ認知心理学」(有斐閣ストゥディア)

評価指標

授業ごとの提出物・レポート30%、定期試験70%で評価する。

関連科目
教員から学生への
メッセージ

近年、心理学といえば「心のケア」などの臨床的学問と思われることがおおくなっています。実際はそれのみではなく、人が持つ機能としての心について、科学的に検証し、その実態を解明していく学問です。
本授業を通して、人間の心、意識、自由意思と思っている存在が不確実であること(いい加減であること)に気づき、そんななかでも確かであることは何なのか、など自身について考えを巡らせてください。

HOME > シラバス(令和3年度) > シラバス > 心理学