検索

シラバス(令和3年度)

Syllabus

学部 / 看護専門領域 / 看護の発展

地域精神保健看護論

Community Mental Health Nursing

印刷用PDF

担当教員大江 真吾
実務経験病院勤務経験のある教員が担当している。
開講年次4年次後期単位数1単位授業形態講義
必修・選択選択時間数15時間
学習目的・目標

【目的・目標】
個人、家族、集団に対して精神障害の発生の予防、精神の健康の保持及び増進に貢献し、地域住民のメンタルヘルスの向上を図ることを目的とした地域精神保健活動について理解し、看護専門職として発展的な役割を担うことができる基礎的な能力を育む。

授業計画・内容
  回  内容
  1オリエンテーション、地域精神保健(community mental health)とは、日本の地域精神保健福祉対策・精神障害者福祉
  2地域精神保健活動の実際(精神保健福祉センターの活動)
  3精神の健康に関する普及・啓発(偏見・差別の解消、ソーシャルインクルージョン)
  4地域で遭遇する複雑困難事例への支援     その1 発達障害
  5地域で遭遇する複雑困難事例への支援     その2 ひきこもり
  6地域で遭遇する複雑困難事例への支援     その3 アルコール依存症
  7当事者のエンパワーメント(リカバリー・ストレングスモデル、ピアサポート・セルフヘルプグループ)
  8自殺予防・対策
教科書

授業の中で随時提示する。

参考図書等

学習の進行に合わせて紹介する。

評価指標

定期試験(レポート) 100%
(授業回数の2/3以上の出席者を評価対象とする。)

関連科目

精神看護学概論、精神看護方法論、精神看護方法論演習、精神看護学実習、疾病・障害論Ⅲ

教員から学生への
メッセージ

精神看護学の対象は健康な人から精神疾患・障害がある人まで幅広く含みます。地域精神保健看護論ではさまざまな発達段階や生活の場にある人々の精神保健上の問題に注目します。

HOME > シラバス(令和3年度) > シラバス > 地域精神保健看護論