検索

シラバス(令和3年度)

Syllabus

学部 / 看護専門領域 / 看護援助の方法

在宅看護方法論

Home Care Nursing

印刷用PDF

担当教員林一美、桜井志保美、牛村春奈
実務経験
開講年次2年次後期単位数1単位授業形態講義
必修・選択必修時間数15時間
学習目的・目標

【目的】
在宅看護の対象である在宅療養者・要介護者とその家族への理解を深めるともに、在宅看護で必要とされる基本的生活援助技術について講義・演習を通して修得できる。
【目標】
1.在宅ケアに関連する基本的概念や法制度を理解する。
2.在宅看護で必要とされる基本的生活援助技術を修得する。

授業計画・内容
  回  内容
  1在宅療養者とその家族の生活
・在宅療養者とその家族の生活状況、家族による介護状況、援助者による援助の状況について理解を深める
  2在宅療養者の生活を支える基本的な技術
・在宅における面接技術、在宅における観察・アセスメント
・コミュニケーション、環境整備、生活リハビリテーション
  3在宅看護にかかわる法令・制度
・介護保険制度
・ケアマネジメントの定義、在宅ケアシステム、ケアマネジメントの構成要素、社会資源について、ケアマネジメントの展開過程
  4訪問看護の実際
・訪問看護制度
・訪問看護の展開
・訪問看護サービスの提供
5-8在宅看護で必要とされる基本的生活援助技術(演習)
・食と排泄
・活動と休息
・清潔と衣生活
教科書

河原加代子他:系統看護学講座 在宅看護論、医学書院
鈴木和子・渡辺裕子著:家族看護学-理論と実践-、第5版、日本看護協会出版会、

参考図書等
評価指標

1.課題およびレポート25%
2.定期試験75%

関連科目

在宅看護学概論・家族看護論・在宅看護方法論演習・在宅看護学実習

教員から学生への
メッセージ

在宅看護方法論は、在宅看護関連科目、既習した看護の基本や看護援助の方法を踏まえて、在宅で応用してゆく看護方法を学びます。
課題等を通し主体的に学びながら、在宅特有の看護方法の修得に努めましょう。

HOME > シラバス(令和3年度) > シラバス > 在宅看護方法論