検索

シラバス(令和3年度)

Syllabus

学部 / 看護専門領域 / 看護援助の方法

在宅看護学概論

Introduction to Home Care Nursing

印刷用PDF

担当教員林 一美
実務経験
開講年次2年次後期単位数1単位授業形態講義
必修・選択必修時間数15時間
学習目的・目標

【目的】
在宅看護の歴史や在宅看護が必要とされる社会的な背景を踏まえ、在宅看護の概念と対象・活動の場・活動方法の特徴、及び在宅看護の役割と課題を説明することができる。
【目標】
1. 在宅看護が必要とされる背景と在宅看護の概念について理解する。
2. 在宅看護の対象、活動の場、看護活動の特徴について理解する。
3. 在宅看護の展開に必要な法・制度・社会資源について理解する。

授業計画・内容
  回  内容
  1在宅看護が必要とされる社会的な背景、在宅看護の目的と特徴
  2在宅看護の対象
  3在宅看護の活躍の場と看護活動
  4地域包括ケアシステム
  5在宅ケアを支える法・制度・社会資源
  6訪問看護制度
  7訪問看護の展開
  8在宅看護における倫理的課題と対応
教科書

河原加代子他:系統看護学講座 在宅看護論、医学書院

参考図書等
評価指標

課題レポート・授業態度25%、定期試験75%

関連科目

看護の基本の科目、社会福祉論、保健医療福祉論、生命倫理

教員から学生への
メッセージ

家庭で療養生活を送っている人々や障害者、そして高齢者の生活の質を追求する上で、看護職の役割は重要であり、そのために責任や期待も大きいといえます。よりよい在宅生活への支援とは何か、共に考え、学びましょう。

HOME > シラバス(令和3年度) > シラバス > 在宅看護学概論