検索

教員活動情報

Faculty Member

清水 暢子 講師

しみず のぶこ

Shimizu Nobuko Associate Professor

看護専門領域 地域・在宅・精神看護学講座 精神看護学

  • Tel076-281-8391
  • Mailnshimizu[at]ishikawa-nu.ac.jp※[at]を@に変えてください。
教育分野
学部 学士課程 看護専門領域 地域・在宅・精神看護学講座 精神看護学
大学院 博士前期課程(修士)
大学院 博士後期課程(博士)
学歴
出身大学院 福井大学大学院医学系研究科
出身大学
取得学位 修士(看護学)(福井医科大学) 博士(医学)(福井大学)
その他
免許・資格 栄養士
看護師
保健師
介護支援専門員
相談支援専門員
職歴 松岡町役場福祉保健課  福祉総合センター   保健師(1998.4-2007.3)
永平寺町役場福祉保健課 上志比保健センター  保健師(2007.4-2007.3)
永平寺町役場福祉保健課 上志比保健センター  主 査(2008.4-2010.3)
永平寺町役場福祉保健課 地域包括支援センター 保健師(2010.4-2012.3)
永平寺町役場福祉保健課 福祉保健課      主 査(2012.4-2013.8)
石川県立看護大学   地域・在宅・精神看護学 助 教(2013.9-現在) 
所属学会・協会 日本地域看護学会       
日本公衆衛生学会       
北陸公衆衛生学会       
日本ALS協会 福井支部   
日本ALS協会        
日本精神科看護技術協会
World Federation for NeuroRehabilitation
認知神経科学学会
認知症予防学会
受賞 第7回 認知症予防学会学術集会 浦上賞(2017.9)一般演題口述発表

石川県立看護大学 ベストティーチャー賞(2017.5)

International Collaboration in Community Health Nursing Research (ICCHNR)
AWARD THE LISBETH HOCKEY PRIZE FOR BEST POSTER(2016.9)

第68回日本公衆衛生学会総会 優秀演題賞 (2009年10月)

(財)フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団 研究助成金(2008年9月~2009年5月)

(財)テルモ科学技術振興財団 一般研究開発助成金Ⅱ (2014年度)
研究活動
専門分野 環境保健学 地域精神保健福祉
キーワード 「環境保健」「公衆衛生看護」「地域精神保健福祉」「精神障害」「認知症」
研究テーマ 軽度認知高齢者、音楽運動療法、前頭葉機能、NIRS、
研究テーマ(博士前期課程(修士))
研究テーマ(博士後期課程(博士))
著書 『隣地実習に役立つ看護実践コンパクトガイド』神郡 博、廣部すみえ、国分恵子、清水暢子他 看護の科学社 平成18年7月
論文 「An Interactive Sports Video Game as an Intervention for Rehabilitation of Community-Living Patients with Schizophrenia: A Controlled, Single-Blind, Crossover Study」 PLOS ONE(2017)

「Effects of movement music therapy with a percussion instrument on physical and frontal lobe function in older adults with mild cognitive impairment: a randomized controlled trial」 Aging and Mental Health(2017)

「Serum 1, 25-hydroxyvitamin D: A useful index of congitive and physical functional impairment in healty older adults in Japan; A pilot study.」 Health (2016)

「英国調査,その2,英国の認知症初期集中支援チーム「メモリーサービス」石川看護雑誌第12巻(2015)

「英国調査,その1,英国の在宅介護者支援」石川看護雑誌第12巻(2015)

「Effects of Movement Music Therapy (MMT) with the Naruko Clapper on Psychological, Physical and Physiological Indices among Elderly Females: A Randomized Controlled Trial」Gerontology Vol. 59, No. 4,(2013)

「地域高齢者における転倒予防を目指した音楽運動プログラムの効果」(原著論文)北陸公衆衛生学会誌 第32巻第1号 (2005)

「地域における高齢者の転倒予防を目指した音楽運動プログラム実施後の変化」日本地域看護学会誌 Vol.8,No.1(2005)

「ALS患者の日常生活を地域社会で支える」訪問看護と介護第2巻 第9号 pp619-633.(1995)
特許
共同研究可能テーマ 介護予防、認知機能低下予防、前頭葉機能、脳神経ネットワーク
統合失調症、精神科デイケアに関する介入研究 
口頭・ポスター 「介護予防対象高齢者への鳴子を使用したMovement Music Therapy(MMT)の前頭葉機能への効果」第7回 日本認知症予防学会 岡山コンベンションセンター(2017)

「軽度認知症高齢者の社会生活面と認知機能との関連」 第7回 日本認知症予防学会 岡山コンベンションセンター(2017)

「軽度認知症高齢者の言語課題実施時の認知機能検査と前頭葉活性部位との関連」 第7回 日本認知症予防学会 岡山コンベンションセンター(2017)

「Interventions to help the rehabilitation of patients with schizophrenia living in the community: Use of a virtual reality sports game」International Conferences on Community Health Nursing Research 2016 symposium in U.K. (2016)

「Effects of Movement Music Therapy on the Cognitive Function of Elderly Individuals with MCI 」 Oral Presentation. The 3rd Korea-Japan Joint Conference on Community Health Nursing in Busan (2016)

「Effects of Virtual Reality Games on Schizophrenic Patients」the 1st Asia-Oceanian Congress for NeuroRehabilitation in Korea (2015)

「Effects of Movement Music Therapy with the Naruko Clapper on Physical and the Frontal Lobe Function of Elderly Individuals with Mild Cognitive Impairment.」the 1st Asia-Oceanian Congress for NeuroRehabilitation in Korea (2015)

「軽度認知高齢者への鳴子を使用した音楽運動療法の効果」第20回認知神経科学会学術集会(2015)

「統合失調症患者におけるバーチャルリアリティゲームが及ぼす影響」第20回認知神経科学会学術集会(2015)

「精神障害者の社会的孤立予防を目指した介入研究~二重課題が前頭葉機能に及ぼす影響の検討~」第18回 日本地域看護学会(2015)

「Effect of the virtual reality sports game on the frontal lobe blood flow of resident schizophrenia patients.」 The International Congress on NeuroRehabilitation and Neural Repair in Netherlands (2015)

「鳴子を使用した音楽療法(Movement Music Therapy)の効果」 第68回 日本公衆衛生学会 (2009)

Assessment of the exercise intervention program for elderly people. The third report of the Eiheiji study;The First Asia-Pacific Conference on Health Promotion and HealthEducation (2009)

Assessment of the exercise intervention program for elderly people: the second report of the Matsuoka study;19thIUHPE World Conference on Health Promotion and Health Education Vancouver in CANADA (2007)

「鳴子を使った音楽運動プログラムによる転倒予防の効果」第64回 日本公衆衛生学会 (2005)

「筋力トレーニング介入プログラム導入の地域高齢者における効果」第64回 日本公衆衛生学会 (2005)

「地域高齢者の健康づくりのための介入研究」 第75回 日本衛生学会総会 (2005)

「地域高齢者への健康づくり事業の実践と評価」第63回 日本公衆衛生学会 (2004)

「地域高齢者の身体機能・運動意欲の向上、及び転倒予防を目指した音楽運動プログラム実施後の効果」第7回 日本地域看護学会 (2004)

「ALS患者の在宅療養に伴う課題と民間支援団体の果たすべき役割」第3回日本難病看護学会学術集会 (1998)
その他 科学研究費補助金基盤研究(C)「認知症者の少ないタイ北部に学ぶ認知症予防対策 ~脳血流量と生活習慣の関係を基に~」(平成29-33年度)

科学研究費補助金基盤研究(C)「軽度認知症者への前頭葉機能活性効果の検討~マルチタスクトレーニングによる効果検討~」(平成26-28年度)

(財)テルモ科学技術振興財団 一般研究開発助成金Ⅱ統合失調症患者の社会復帰を目指した介入プログラムの効果」(平成26年12月-平成27年11月)

(財)フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団 研究助成金「鳴子を使用した音楽療法(Movement Music Therapy)の効果~高齢者のストレス軽減と免疫力向上を目指して~ (平成20年9月-平成21年5月)
本学教育担当科目
学部 学士課程 精神看護学実習、統合実習A、精神看護方法論Ⅱ、認知症看護援助方法論Ⅰ(認知症認定看護師教育課程)
大学院 博士前期課程(修士)
大学院 博士後期課程(博士)
他大学等の非常勤講師
学校名 【非常勤講師】福井歯科専門学校 歯科衛生士科 非常勤講師(公衆衛生学)(2000.4~2001.3)
その他教育上の実績
実践例
教科書作成
教材作成 『隣地実習に役立つ看護実践コンパクトガイド』神郡 博、廣部すみえ、国分恵子、清水暢子他 看護の科学社 平成18年7月
社会貢献活動
地域貢献 福井県永平寺町地域包括支援センター 介護予防教室 実施評価者 (2014~)

石川県立高松病院 看護研究指導(2015~)

福井県永平寺町地域包括支援センター認知症サポーター養成講座 講師 (2017)

福井県国民保険団体連合会 市町村保健師研究協議会研修会 演者 (1999)

福井健康福祉センター(福井保健所)地域保健・福祉・環境職員研修会 演者(1999)

シンポジウム発表「寝たきりゼロフォーラム」演者 主催:福井県 対象:地域保健・福祉関係職員、 一般住民(1995)
国際貢献 国際比較研究 認知症者の少ないタイ北部に学ぶ認知症予防対策 ~脳血流量と生活習慣の関係を基に~(2017~) 国立チェンマイ大学
その他
講義・講演可能テーマ
タイトル 「認知機能低下予防のリハビリテーション」
「鳴子を使った音楽運動療法 Movment Music Therapy プログラム」
職務上の実績
学内
学外

HOME教員活動情報清水 暢子