検索

教員活動情報

Faculty Member

丸岡 直子 教授

まるおか なおこ

Maruoka Naoko Professor

     

  • Tel076-281-8336
  • Fax076-281-8336
  • Mailmaruoka[at]ishikawa-nu.ac.jp※[at]を@に変えてください。
教育分野
学部 学士課程      
大学院 博士前期課程(修士) 研究指導教員 健康看護学領域 看護管理学分野
大学院 博士後期課程(博士) 研究指導教員 看護学領域 コミュニティケア・看護デザイン科学分野
学歴
出身大学院 金沢大学大学院医学系研究科博士後期課程保健学専攻
出身大学
取得学位 博士(保健学)
その他
免許・資格 看護師免許
職歴 国立金沢病院・附属看護学校(1975-85、1988-94、1996-98))
厚生労働省東海北陸地方医務局(1985-88)
国立名古屋病院(1994-96)
厚生労働省医政局国立病院部(1998-2001)
石川県立看護大学(2001- )
所属学会・協会 日本看護科学学会、日本看護管理学会、日本看護研究学会、日本看護教育学学会 など
受賞
研究活動
専門分野 看護管理学
キーワード 看護管理
研究テーマ 退院調整・退院支援に関する研究
新人看護師の看護実践能力形成に関する研究
転倒リスクマネジメントに関する研究
研究テーマ(博士前期課程(修士)) 看護管理に関する研究
退院調整・退院支援に関する研究
転倒リスクマネジメントに関する研究
研究テーマ(博士後期課程(博士)) 看護管理に関する研究
退院調整・退院支援に関する研究
転倒リスクマネジメントに関する研究
著書
論文 パートナーシップ・ナーシング・システムの導入効果と定着への課題、石川看護雑誌、12巻、75-83、2015
病室観察時における看護師の眼球運動の傾向、石川看護雑誌、12巻、13-23、2015
卒業前看護学生を対象とした多重課題演習の実態とプログラム評価、日本看護学教育学会誌、24(3)、51-52、2015
Passive ankle movement increases cerebral blood oxygenation in the elderly: an experimental study,BMC Nursing,14(3),2015
転倒リスク場面に「おける看護師の視覚情報に基づくアセスメント、医療の質・安全学会誌、11(1)、3-10、2014
臨床判断プロセスを基盤とした認知症高齢者の転倒予防看護質指標の有用性 、日本老年看護学会誌、19(1)、p43-52、2014
転倒防止に関する新人看護師教育の実態、石川看護雑誌、10巻、p37-46、2013
病棟看護師による退院調整活動の実態と課題―退院調整活動質指標を用いた調査から―、石川看護雑誌、8巻、p29-40,2011
退院調整部門の組織発達における看護管理者および退院調整看護師の役割、石川看護雑誌、石川看護雑誌、6巻、p67-75、2009
看護師の転倒リスクマネジメント力の構成概念と構造、石川看護雑誌、6巻、p99-105、2009
石川県内の病院における退院調整活動の実態と課題、石川看護雑誌、5巻、p1-10、2008
新人看護師の転倒防止に対する認識とその認識を変化させる臨床経験、日本看護管理学会誌、11(2)、p36-46、2008
Structure and change in the formation of fall risk management ability in newly recruited nurses、金沢大学つるま保健学会誌、30(2)、p30-40、2007
特許
共同研究可能テーマ
口頭・ポスター パートナーシップ・ナーシング・システム(PNS)導入・定着の促進要因と課題,第18回日本看護管理学会学術集会,2014
I県下の看護師の退職・再就業の動向とその背景要因(第1報),第17回日本看護管理学会学術集会,2013
新人看護師の転倒リスクマネジメント行動の実態と課題,第33回日本看護科学学会学術集会,2013
Relationship between a Nurse's Observation gaze and the clinical judgement of the patient's condition,
World Academy of nursing science,The 3rd International Nursing Research Conference,2013
認知症高齢者に対する転倒防止ケアの臨床判断のプロセス、第13回日本認知症ケア学会、2012
Status and issues associated with ward nurses discharge support activities for inpatients : Comparison before and after discharge support workshops、The 3rd Korea-China-Japan Nursing Conference,2011
病棟看護師による退院調整活動の実態と課題ー退院調整質指標を用いた調査から、第30回日本看護科学学会学術集会、2010
看護師の転倒リスクマネジメント力の評価指標の開発(第2報)―信頼性・妥当性の検討―、第13回日本看護管理学会年次大会、2009
新人看護師における転倒のリスクマネジメントに対する能力形成の過程(第2報)-就職後12ヵ月目に焦点をあてて、第12回日本看護管理学会年次大会、2008
Structure and change in the formation of fall risk management ability in newly recruited nurses、ICN Conference、2007
その他 文部科学省科学研究費
・科学研究費補助金基盤研究(C) 2014-2017年度「「外来-病棟一元化による看護の患者・家族包括在宅移行支援力育成プログラムの開発」(研究代表者:丸岡直子)
・科学研究費補助金基盤研究(B)2014-2017年度「認知症高齢者の転倒予防看護質指標による看護介入プログラムと実践継続システムの開発」分担研究者(研究代表者:浜松医科大学、鈴木みずえ)
・科学研究費補助金基盤研究(C)2010-2013年度 「新人看護師の転倒リスク認知・リスク回避教育プログラムの開発」研究代表者
・科学研究費補助金基盤研究(B)2010-2013年度 「臨床判断プロセスを基盤とした認知症高齢者のための転倒予防包括看護質指標の開発」分担研究者(研究代表者:浜松医科大学、鈴木みずえ)
・科学研究費補助金基盤研究(C) 2004-2006年度 「看護師の転倒リスクマネジメント育成プログラムの開発」研究代表者
本学教育担当科目
学部 学士課程 看護学概論、 基礎看護方法論Ⅲ、基礎看護方法論Ⅳ、フィジカルアセスメント、看護管理学Ⅰ、看護管理学Ⅱ、
基礎看護学実習Ⅰ、基礎看護学実習Ⅱ、卒業研究
大学院 博士前期課程(修士) 看護管理特論、看護福祉政策論、看護組織論、人的資源活用論、看護経済・経営論、看護管理演習、看護管理実習、特別研究(看護管理学分野)
大学院 博士後期課程(博士) 看護デザイン科学特論、看護デザイン科学演習、特別研究(看護デザイン科学)
他大学等の非常勤講師
学校名 福井大学医学部(2011-   )
金沢大学大学院医学系研究科保健学専攻(2012ー)
石川県看護協会認定看護管理者制度教育課程(2003-  )
石川県看護教員養成講習会(2011-2012)
石川県看護大学附属看護キャリア支援センター感染管理認定看護師教育課程(2014- )
その他教育上の実績
実践例
教科書作成
教材作成 DVD教材「自ら学べるシナリオ学習 看護実践力の向上をめざしてStep by step forward!」(2010)
多重課題演習プログラムの作成(2009)
社会貢献活動
地域貢献 石川県看護協会認定看護管理者教育制度運営委員(2008-現在)
石川県看護教員養成講習会運営委員・検討会座長(2010-現在)
石川県立中央病院地域医療支援委員(2012-現在)
石川県看護協会WLB推進委員(2012-現在)
認定薬剤師研修制度委員会委員(2010-現在)
国際貢献
その他 大阪府看護協会保健師助産師看護師合同職能集会特別講義(2010.)
北陸地区国立病院機構看護師長・副看護師長研修会講師(2010)
大阪府看護教員養成講習会特別講義講師(専門性の高い看護職)(2010)
京都府保険医協会医療安全シンポジウムシンポジスト(看護・介護者の視点からみる転倒防止への取り組み)(2008)
講義・講演可能テーマ
タイトル 看護管理
退院支援・調整
職務上の実績
学内 石川県立看護大学附属看護キャリア支援センター長(2013-現在) 
石川県立看護大学附属図書館長(2012ー2013年度)
石川県立看護大学研究科長(2010-2011年度)
石川県立看護大学学生部長(2008-2009年度)
教育研究審議会委員 など
学外 日本看護学教育学会 評議員
日本看護研究学会 評議員(2006-2012) 査読委員
看護実践学会専任査読委員
日本看護岳教育学会 専任査読委員
大学基準協会大学評価委員会大学評価分科会委員(2015)

HOME教員活動情報丸岡 直子