検索

教員活動情報

Faculty Member

平居 貴生 教授

ひらい たかお

Hirai Takao Professor

看護専門領域 健康科学講座 機能・病態学

  • Mailthirai[at]ishikawa-nu.ac.jp※[at]を@に変えてください。
    教育分野
    学部 学士課程看護専門領域健康科学講座機能・病態学
    大学院 博士前期課程(修士)研究指導教員実践看護学領域成人看護学分野
    大学院 博士後期課程(博士)
    学歴
    出身大学院
    出身大学
    取得学位博士(薬学)(金沢大学)
    その他
    免許・資格薬剤師免許
    職歴
    所属学会・協会日本薬理学会(学術評議員)
    日本骨代謝学会
    日本時間生物学会
    和漢医薬学会
    受賞
    研究活動
    専門分野薬理学、生化学、時間薬理学、骨代謝学
    キーワード
    研究テーマ骨代謝と時計遺伝子
    生活習慣病予防に向けた時間薬理学的研究
    漢方医学を基盤とする生活習慣病や慢性疾患予防に関する研究
    研究テーマ(博士前期課程(修士))生活習慣病予防に関する時間生物学的研究
    骨代謝と栄養に関する研究
    研究テーマ(博士後期課程(博士))
    著書
    論文 Berberine stimulates fibroblast growth factor 21 by modulating the molecular clock component brain and muscle Arnt-like 1 in brown adipose tissue, Biochemical Pharmacology, 164, 165-176, 2019

    Baicalein stimulates fibroblast growth factor 21 expression by up-regulating retinoic acid receptor-related orphan receptor α in C2C12 myotubes, Biomedicine & Pharmacotherapy, 109, 503-510, 2019

    α1B-Adrenoceptor signaling regulates bone formation through the up-regulation of CCAAT/enhancer-binding protein δ expression in osteoblasts, British Journal of Pharmacology, 173 (6), 1058-1069, 2016

    Bone is a major target of PTH/PTHrP receptor signaling in regulation of fetal blood calcium homeostasis, Endocrinology, 156 (8), 2774-2780, 2015

    β-adrenergic receptor signaling regulates Ptgs2 by driving circadian gene expression in osteoblasts, Journal of Cell Science, 127 (17), 3711-3719, 2014

    α1-Adrenergic Receptor Signaling in Osteoblasts Regulates Clock Genes and Bone Morphogenetic Protein 4 Expression through Up-regulation of the Transcriptional Factor Nuclear Factor IL-3 (Nfil3)/E4 Promoter-binding Protein 4 (E4BP4) , Journal of Biological Chemistry, 289 (24), 17174-17183, 2014

    G-protein stimulatory subunit alpha and Gq/11α G-proteins are both required to maintain quiescent stem-like chondrocytes, Nature Communications, 5, 3673, 2014

    Parathyroid hormone/parathyroid hormone-related protein receptor signaling is required for maintenance of the growth plate in postnatal life, Proceedings of the National Academy of Sciences of the USA, 108 (1), 191-196, 2011
    特許
    共同研究可能テーマ
    口頭・ポスター
    その他
    本学教育担当科目
    学部 学士課程臨床薬理学、代謝と栄養、研究方法論、解剖生理学実習、フィールド実習、卒業研究
    大学院 博士前期課程(修士)臨床薬理学
    大学院 博士後期課程(博士)
    他大学等の非常勤講師
    学校名
    その他教育上の実績
    実践例
    教科書作成
    教材作成
    社会貢献活動
    地域貢献かほく市食育連絡会(2020年)
    石川県食品研究者ネットワーク(2020年)
    国際貢献
    その他認定実務実習指導薬剤師養成TF(2018年、2019年)
    講義・講演可能テーマ
    タイトル骨と健康
    薬の歴史
    職務上の実績
    学内
    学外日本薬理学会学術評議員(2001年-現在)

    HOME教員活動情報平居 貴生