検索

教員活動情報

Faculty Member

林 一美 教授

はやし かずみ

Hayashi Kazumi Professor

看護専門領域 地域・在宅・精神看護学講座 在宅看護学

教育分野
学部 学士課程看護専門領域地域・在宅・精神看護学講座在宅看護学
大学院 博士前期課程(修士)研究指導教員実践看護学領域在宅看護学分野
大学院 博士後期課程(博士)研究指導教員看護学領域実践看護科学分野
学歴
出身大学院北里大学大学院看護学研究科修士課程、金沢大学大学院医学系研究科(博士後期課程)
出身大学
取得学位修士(看護学)、博士(保健学)
その他
免許・資格看護師免許
職歴
所属学会・協会日本在宅ケア学会、日本在宅看護学会、日本災害看護学会、日本家族看護学会、日本看護学会、日本訪問看護財団
受賞
研究活動
専門分野在宅看護学
キーワード在宅看護
研究テーマ慢性疾患をもつ療養者と家族の看護に関する研究
要介護者と家族介護者の在宅ケアに関する研究
研究テーマ(博士前期課程(修士))慢性疾患をもつ療養者と家族の看護に関する研究
要介護者と家族介護者の在宅ケアに関する研究
研究テーマ(博士後期課程(博士))慢性疾患をもつ療養者と家族の看護に関する研究
要介護者と家族介護者の在宅ケアに関する研究
著書
論文 (学術論文)
医行為を受けている在宅高齢者に関わる医師や介護支援専門員の情報共有や職種間の連携状況、石川看護雑誌、平成24年、vol.10,89-93,
精神疾患患者を対象とする訪問看護スタッフの困難に関する文献レビュー、石川看護雑誌、平成23年
臨地実習における看護技術修得状況の実態(2009報告)、石川看護雑誌、平成22年
石川県内高齢者介護を行う「家族介護者の会」の実態の検討、石川看護雑誌、平成22年
Research on the structure of home-base nursing care provided by family care givers responsible for dialysis patient srequiring nursing care.金沢大学つるま保健学会誌、vol.32,(1)、(1~12頁)、平成20年
訪問看護提供機関に おける災害対策の実態と課題―A県内にある訪問看 護提供機関の管理者への調査から―、日本災害看護学会誌、vol.9、(8)、(24~30頁)、平成20年
訪問看護ステーショ ンにおける災害対策の課題―能登半島地震における 訪問看護ステーション の被害状況と初動に関 する調査から―、石川看護雑誌 5、(39~46頁)、平成20年
石川県立看護大学の災害時対応の備えに関する一考察―「健康管理チーム派遣」 に関わった教職員への調査から―、石川看護雑誌 5(85~89頁)、平成20年
透析看護師が捉えた要介護透析患者と家族の現状、臨床透析 Vol.248)、(145~148)、平成20年
A県内の医療施設における災害対策の課題―医療施設に所属する看護管理者への調査から―、石川看護雑誌 4(1)、(19~23頁)平成19年
石川県の透析センターにおける要介護透析患者の実態―透析看護責任者からの調査より、日本透析医学会雑誌 40(4)、(339~345頁)平成19年
医療救護班における看護師の活動の実態と課題―新潟県中越地震に医療救護班として派遣された看護師の調査から―石川看護雑誌 3(1)、(29~35頁)、平成17年
医療救護班に関する看護管理者の支援活動―新潟県中越地震に医療救護班を派遣した看護管理への調査から―、石川看護雑誌 3(1)、(21~27頁)、平成17年
石川県における医療施設の災害に備えた取り組みと看護管理者の災害看護の認識に関する検討、石川看護雑誌 2、(1~6頁)、平成17年
透析療法期にある糖尿病患者の病の受け止めと援助の方向性、日本腎不全看護学会誌 Vol.No.2(66~72頁)、平成16年11月
壮年期血液透析患者のセルフケア・エージェンシーの発達に関する検討,山梨県立看護短期学紀要第3巻 (103~118頁),平成10年3月
壮年期人工透析患者のセルフケア能力 (第1報)報告,山梨県立看護短期学紀要 第2巻(153~169頁),平成9年3月
災害時における救済活動の組織化に関する検討 第一報,山梨県立看護短期学紀要 第2巻 (97~111頁),平成9年3月
特許
共同研究可能テーマ
口頭・ポスター在宅終末期高齢者の主介護者に関わるケアマネージャのケアマネジメントの判断の特徴、第19回日本在宅ケア学会学術集会、2014
在宅終末期要介護者の看取り介護を行う家族に対するケアマネー第4回日本在宅看護学会学術集会、2014
在宅で認知症配偶者介護を行う後期高齢男性の介護継続の特徴、第45回日本看護学会ー在宅看護ー学術集会、2014
喀痰吸引等研修に参加した介護職員等の医行為実施上の困難点、第18回日本在宅ケア学会学術集会、2013
喀痰吸引等研修会事業(第三号研修)を受講した介護職員等の医行為に伴う緊急事態の実態、第3回日本在宅看護学会学術集会、2013
喀痰吸引等講習会事業(第三号研修)介護者の教育的レディネス、第44回日本看護学会ー地域看護ー学術集会、2013
その他
本学教育担当科目
学部 学士課程在宅看護学概論、家族看護論、在宅看護方法論Ⅰ・Ⅱ、在宅看護学実習、災害看護論、フィールド実習、英語講読、卒業研究,研究方法論
大学院 博士前期課程(修士)家族看護特論、在宅看護特論、在宅看護演習、家族看護実習、在宅看護実習、特別研究(在宅看護学)
大学院 博士後期課程(博士)在宅看護科学特論、在宅看護科学演習A、在宅看護科学演習B、特別研究(在宅看護学)
他大学等の非常勤講師
学校名
その他教育上の実績
実践例
教科書作成看護学臨時実習ガイダンス2―看護学理論のまとめと実践―.成人看護学・老年看護学,医学芸術社,1999年
一目でわかる透析をうける人の看護Q&A―はじめて看護をする人に役立つ基礎知識と考え方―(第2版).ヌーベルヒロカワ,2003年
一目でわかる糖尿病といわれた人の看護Q&A―はじめて看護をする人に役立つ基礎知識と考え方―.ヌーベルヒロカワ,2003年
教材作成
社会貢献活動
地域貢献津幡町介護認定審査会委員
かほく市地域密着型サービス運営協議会委員長
かほく高松訪問看護ステーション運営委員
羽咋市国民健康保険運営協議会委員
石川県国民健康保険団体連合会介護サービス苦情処理委員
石川県防災会議専門員会委員、
日本災害看護学会評議員
国際貢献
その他介護職員等によるたんの吸引等の実施のための研修講師
講義・講演可能テーマ
タイトル在宅看護
災害看護
職務上の実績
学内
学外石川県立総合看護専門学校非常勤講師 担当:家族援助論(2002-2010年)
石川県看護協会 実習指導者講習会(在宅看護論)(2009-2010年)
石川県看護教員養成講習会(在宅看護論、災害看護論)(2011-2013年)

HOME教員活動情報林 一美