2017年10月6日、7日の両日、成人看護学 村井嘉子教授が集会長を務め、第19回日本救急看護学会学術集会が行われました。

全国より2000名を超える方々の参加を賜り、「地域包括ケアシステム時代の救急看護」をテーマに熱のこもったディスカッションが繰り広げられました。