大学案内

About Ishikawa Prefectural Nursing University

メッセージ・理念

学長メッセージ

石垣 和子(いしがき・かずこ)真に喜ばれる看護を提供できる職業人へ

石垣 和子(いしがき・かずこ)
Ishigaki Kazuko

 設立から今年で19年目を迎えた本学は、石川県下はもとより全国に多くの看護職を送り出してまいりました。2018年度から大学院に助産師養成課程を設け、従来からの看護師、保健師と合わせて3つの看護職能を養成する大学になりました。

 本学では明るく開放的な校風と自由な雰囲気のもとに、一人ひとりの個性を伸ばす教育を大切にしています。学生たちは看護専門職に必要な知識や技術を、熱意あふれる看護教員から学習します。同時に、知識や技術の根拠を大事にし、論理的な思考を促す健康や疾病関連の科目担当の教員や、対人援助における対象理解に必要な知識を教える一般教養科目担当の教員から、幅広く奥深い内容を学びます。そして教職員の学生に対する熱い思いが、専門職としての自覚を高め、病む人、困難な状況にある人への温かい思いやりと共感を育んでいます。

 さらに、地元かほく市をキャンパスに見立て、地域と連携したさまざまな活動や研究を行う一方で、ワシントン大学(米国)、吉林大学(中国)、南京中医薬大学(中国)、全北大学(韓国)、チェンマイ大学(タイ)との交流や、アジアや南米の国々のJICA事業の支援を行うなど、学生の広い視野と豊かな感性を育む機会も多く設けています。
 4年間の学びを通じ、学生は、真に喜ばれる看護を提供できる職業人へと成長し、将来的なリーダーや看護学の発展に寄与できる人材となるものと考えております。現在、日本では、大学で看護を学んだ専門職への期待が高まる一方です。ぜひ本学に関心を寄せ、本学で学ぼうと考えていただければ幸いです。

石垣 和子(いしがき・かずこ) Ishigaki Kazuko

石川県生まれ 東京大学医学部保健学科卒業 医学博士
市町村の保健所に勤務後、東京大学助教授(医学部健康科学・看護学科)、浜松医科大学教授(医学部看護学科)、千葉大学教授(看護学部)、看護学部長、千葉県立保健医療大学教授(健康科学部)、健康科学部長を経て現職。
現在、日本家族看護学会理事長。

HOME大学案内メッセージ・理念学長メッセージ

このページについてのお問い合わせ

総務課

Tel 076-281-8300(代) Fax 076-281-8319 Mail office[at]ishikawa-nu.ac.jp※[at]を@に変えてください。