大学案内

About Ishikawa Prefectural Nursing University

大学情報の公表

方針・プラン

教育の内部質保証に関する方針

1. 教育の内部質保証についての基本的な考え方

優れた医療人としての専門的看護職業人を輩出する高等教育機関として、教育理念・目標の実現に向けた教育活動の質向上を恒常的に図るとともに、社会の負託に応えるため必要に応じて教育理念・目標や3ポリシーも含めて自己点検評価し、変動する地域社会の需要に応えられるよう自らの責任で大学の質を維持し向上させる。

2. 内部質保証に関連する学内の諸組織

  1. 全学における教育の内部質保証の最終責任者は学長とし、学長の下に評価プロセスの推進者として評価担当学長補佐を置く。評価担当学長補佐のもとに学部教育評価担当者として学生部長を、研究科教育評価担当者として研究科長を置く。
  2. 学長は内部質保証の最高決議機関である教育研究審議会を運営し、教育の内部質保障の大方針を自己点検評価委員会に諮問する。
  3. 諮問を受けた自己点検評価委員会は、評価担当学長補佐が内部質保証に関する事項の責任者となり、教育研究審議会が発した大方針に基づく具体的な教育の質の点検項目・内容を協議・検討し、点検に必要なデータの収集プロセスや評価のための分析作業を取りまとめる。学生部長、研究科長は評価担当学長補佐を助け、それぞれの担当する学部教育、研究科教育に関する点検評価に必要な作業の推進役となる。点検に必要な作業の実施においては、学部教育、研究科教育ともに学内委員会等の関連する組織との協力の下に行う。
  4. 自己点検評価委員会は評価担当学長補佐のもとで教育の質評価報告書を取りまとめ、教育研究審議会には2年ごと、質検証委員会には6年ごとに提出する。質検証委員会に提出する報告書は中期質評価報告書と称する。
  5. 質検証委員会は本学の教育の受け手(在学生・卒業生)、輩出した人材の雇用者、教職員代表で構成し、評価担当学長補佐が会の運営を担当し、学生部長及び研究科長が報告内容の説明者として参加する。教育の構造、プロセス、アウトカムの3側面から中期質評価報告書の内容を審議・検討する。
  6. 質検証委員会は検証結果を報告書に取りまとめ、教育研究審議会に提出する。
  7. 教育研究審議会は自己点検評価委員会からの質評価報告書及び質検証委員会からの検証報告書を検討し、学長はその結果を公開するとともに、次のサイクルの教育の内部質保障の大方針に反映させる。

3. 本学における諸方針と改善・改革のための行動指針

  1. 教育の質保証の対象とする教育プログラムは、看護学部教育プログラムおよび看護学研究科教育プログラムとする。
  2. 教育の質保証のためには、教育の構造、プロセス、アウトカムに関する客観的・主観的な情報の把握・分析を行う。
  3. 自己点検評価は内部評価サイクルを回すこと及び外部評価サイクルをまわすことによって行なう(図を参照のこと)。内部質評価は2年に1回(1年目は点検〈モニタリング〉を行い、2年目は分析・評価(プログラムレビュー)を行なう)、外部質評価は法人評価のサイクルにあわせて6年に1回行なう。
  4. 評価に必要な客観的な情報の把握・分析は、経年的なIR情報や全学的な教育関連部署(教務学生課・総務課・図書館等)にある情報の提供、さらに講義・成績の実態や学生、卒業生、就職先の意見などを広く収集して行う。
  5. 自己点検・評価の結果を含め,本学の教育活動や学修実態などの特色や傾向,また改善状況を積極的かつ分かりやすく公表する。
  6. 自発的な教育の質の向上の推進を大学の組織文化として醸成する。
IPNUにおける質保証体制(案)

グローカル人材育成アクションプラン

~本学は以下のような考えでグローカル人材育成を目指します~

  1. グローカル人材とは、地球規模の視野をもち、草の根の地域の視点で足元の様々な問題を捉え、膠着しているように見える課題を革新的に解決しようとする人材を指します。
  2. グローカル人材は、多様な価値観や立場の人たちと対話しながら、社会の課題の解決に対して糸口となるアイディアや新しい価値を共に創り上げていく「共創力」豊かな人材です。
  3. 本学では看護基礎教育において、このような学びの機会を提供します。
  4. グローカル人材育成アクションプランの目標は以下の通りです。
    1. 歴史や文化の違う海外の国に身をおき、文化的能力(Cultural Competency)とAssertiveなコミュニケーション能力を高め、その国の文化や人々の暮らし、健康課題、保健・医療・福祉制度を理解する。
    2. 翻って自文化の世界観に気づき、自己や自国・地域への関心を高めることを促す。
    3. 海外におけるさまざまな経験を基に、日本の健康を巡る事象を考え調べようとする動機や、現状を突破しようとする思考を刺激し、以って自国・地域の健康の維持増進や健康課題の解決に向けて、革新的に考える能力を育てる。
    4. 1、2、3を通して、多様な価値観や立場の人たちと対話しながら、社会の課題の解決に対して糸口となるアイディアや新しい価値を共に創り上げていく「共創力」の素地を醸成する。
  5. 海外の国に身を置く学習プランは以下の通りです。
    1. アメリカ、韓国、タイに希望する学生を募って派遣します。
    2. 海外研修出発前の綿密な準備と事後フォローを行い、学びの定着を図ります。
    3. アメリカ研修は原則毎年実施し、期間は10日から2週間程度です。
    4. 韓国、タイ研修はおおむね隔年実施とし、1週間から10日程度です。

求める教員像・教員組織の編制方針

本学は、「石川県立看護大学の教育理念」を実現するため、以下のとおり「求める教員像」および「教員組織の編成方針」を定める。

求める教員像

  1. 教育理念・目標およびディプロマ・ポリシーの実現に向かって、教職員および関係者と連携・協働して教育に取り組む。
  2. 保健・医療・福祉のニーズに対応できる知識・技術および教育力の向上に向けて自己研鑽に努める。
  3. 高い倫理観と人間性をもって、学生に学ぶことや看護の魅力を伝える。
  4. 真理の探究、知の創造および健康な社会の実現のために研究に専心し、成果を社会に還元する。
  5. 社会の動きに目を向け適切な判断力をもって大学運営や大学改革に積極的に関わる。

教員組織の編成方針

  1. 学部・大学院は、それぞれが定める教育理念・目標およびディプロマ・ポリシーを達成するために適切な教員を配置する。
  2. 学部・大学院は、役割分担と相互協力のもとに組織的に教育研究が実施できるよう教員組織を編成する。
  3. 学部・大学院の教育研究の水準を継続的に維持・発展させるために、適切に教員を編成する。
  4. 教員の募集・採用、昇任等は、関係する諸規程等を適切に運用するとともに、教員の教育研究活動等とその業績を適正に評価する。

HOME大学案内大学情報の公表方針・プラン

このページについてのお問い合わせ

総務課

Tel 076-281-8300(代) Fax 076-281-8319 Mail office[at]ishikawa-nu.ac.jp※[at]を@に変えてください。