おしらせ・新着情報

News & Topics

学生生活

平成28年度学生ボランティア促進キャンペーンイベント 「今だからできること ~復興の先を見据えて~」に参加して

2016年6月15日 up

平成28年6月12日(日)に3331 Arts Chiyoda(東京都千代田区外神田)で開催された復興庁主催の平成28年度学生ボランティア促進キャンペーンイベント「今だからできること ~復興の先を見据えて~」に石川県立看護大学「災害ボランティア・サークルふたば」(代表・副代表学生 2年生2名,副顧問教員1名)が参加しました。

 参加団体は、東日本大震災からの復興支援を目的としたボランティア活動をしている「大学生」で 組織される団体として全国から選出された12大学(団体)、学生32名です。

 午前の参加団体交流会では、復興庁ボランティア・公益的民間連携班の佐々木さんの進行のもと、座談会を行ない、学生らが団体の活動内容等を紹介し、積極的にディスカッションをして交流を深めました。本学は、大学の紹介、これまでの被災地支援活動とふたばの設立の経緯、ふたばの活動内容や学生の感想など、資料を用いてプレゼンテーションしました。参加学生から、看護学を活かした活動内容を賞賛するコメントやぜひ一緒に活動しようという申し出をいただき、嬉しく思いました。ほかの大学の発表では,被災地の子ども達への遊びを通した支援や地元のお祭りへの参加、健康体操の提供、コミュニティ形成支援、復興状況を伝える広報活動等、工夫を凝らした様々な活動を展開していることを聞き、ふたばのこれからの活動を考える上で参考になりました。

 写真2午後からは、交流ミーティング in 東京~「新しい東北」を創る人々~「若者DAY」に参加し、小泉進次郎衆議院議員から東北復興への熱いメッセージをいただき、復興大臣政務官、文化庁長官、ゲストの林修先生らとの意見交換を行ないました。ワークショップでは、テーマ「今だからできること ~復興の先を見据えて~」について、学生同士でそれぞれの経験を共有しながら今後の課題や自分たちができることについて話し合いました。

 

今回のイベントでつながった学生団体同士の横のつながりや、復興庁とのつながりを今後の活動に生かしていきたいと思います。

HOME学生生活平成28年度学生ボランティア促進キャンペーンイベント 「今だからできること ~復興の先を見据えて~」に参加して

このページについてのお問い合わせ

教務学生課

Tel 076-281-8302 Fax 076-281-8309