おしらせ・新着情報

News & Topics

地域貢献

民泊型フィールド実習をしました!

2015年7月16日 up

6月17日から19日までの間、能登町を訪問し、皆様の協力の下、高倉・柳田・白丸の3地区の公民館を拠点に民泊型フィールド実習を行いました。

1. 柳田地区における暮らしの理解と健康サポート

柳田地区班の実習テーマは、「柳田地区の暮らしと健康サポート」でした。

実習初日は、小学校に出向き、校長先生から児童の生活環境の現状について伺った後、1年生と2年生の児童を対象に『正しい手洗いや歯磨きの方法』を事前に準備した教材を用いて講義し、実際に演習を行いました。授業や給食交流では、児童の元気さに圧倒されつつも、一緒に楽しんで学ぶことができました。また、柳田地区の特産品であるブルーベリーや梅の収穫とジャム作りに挑戦し、料理サークルの方々と調理実習、夕食会で交流しました。

翌日はウォーキング協会の方々と柳田地区の散策、老人クラブの方々とグランドゴルフ大会で汗を流し、食事を兼ねた交流会を行いました。昼食交流会はシルバーサロン「わかくさ」にて行い、元気なシニア世代の方々が育児や地域の健康をサポートできる体制づくりについても学ぶことができました。さらに、それぞれの活動の後、参加者を対象に体力測定などの健康チェックをしました。

様々な活動や民家での生活体験を通して地域の方々と交流し、柳田地区の豊かな自然とそこに暮らす方々のホスピタリティを体感できました。また、高齢者の方でも畑仕事を行ったり、グランドゴルフを行うなど、活動的で健康な高齢者が多い地域であるという印象を受けました。健康チェックの結果をまとめるなかで健康課題を発見し、最終日の成果報告会では、健康チェックを行う大切さと“Small change in 柳田”(普段は近場でも車で移動してしまう所を歩いてみるといった小さな変化を実践してみる)を地域の方に提案することもできました。

民泊型フィールド実習
民泊型フィールド実習
民泊型フィールド実習

2. 能登町高倉地区に住む方々の生活や健康状態についての理解を深める

民泊型フィールド実習

高倉地区の班は、「能登町高倉地区に住む(漁業を営んでいる)方々の生活や健康状態についての理解を深める」ことをテーマに、3日間にわたって実習を行いました。

1日目には、サザエ漁の作業を見学し、網からサザエを取り外す作業や定置網の修理を体験しました。実際に体験し、また、地元の方から詳しくお話を伺うことで、漁業を中心とする生活のあり方や作業の身体への影響などについて理解を深めることができました。夜間は高倉地区の一般家庭に民泊し、各民泊先の方々と交流しました。各ご家庭では調理実習や農作業などを体験しました。

民泊型フィールド実習

2日目には、午前5時前から宇出津漁港を見学し、漁業に携わる方々の仕事や食事の時間帯など、生活のあり方を垣間見ることができました。定置網に関する動画の視聴や遠洋漁業に携わっていた方のご講話を通して、漁業を中心とした生活のあり方について理解を深めました。その後、交流センターに集まっていただいた地区の高齢者の方々に対して血圧や体重の測定を行い、ロコモティブシンドロームのリストを用いて移動機能の低下をチェックしました。

最終日には、真脇縄文館を見学し、地理的条件や自然環境と生活のあり方について理解を深めることができました。高倉地区にあるお寺(上日寺)で精進料理をいただき、漁業を中心とした生活と信仰のありかたについて考えました。

3日間にわたり、高倉地区の方々から様々な形で多くのご支援をいただき、能登町で暮らす方々の生活様式、健康状態・課題やその支援方法について各学生が理解と考察を深めることができました。

民泊型フィールド実習
民泊型フィールド実習
民泊型フィールド実習

3. 白丸地区における食生活

白丸地区の班は、住民の食生活を理解することをテーマに実習しました。

1人暮らしをされている高齢者へのインタビュー、地域高齢者交流会「まんてん食堂白丸」の催しを手伝い、参加者と交流しました。能登町健康福祉課で白丸地区の食を中心とした健康状況と地方自治体としての支援を学ぶことができました。また、白丸地区では、食は食べるだけでなく、経済性のある農業がさかんな地域です。そこで農産物直売所「おくのと市」で、生産者を支援する農協の役割を学び、民家で実際の農作業、生活を共にさせていただきました。

白丸地区の住民の温かく明るい人柄、そして公民館をはじめとする白丸地区住民の生活を支える人たちの熱心さや相手をよく理解し支援する姿勢に触れることができました。食生活は、身体的な栄養の補充だけでなく、人間関係を構築するのに役立つ社会的な意味や、生活・生産の楽しみや生きがいとなる心理的な意味を実際から理解することができました。

民泊型フィールド実習
民泊型フィールド実習
民泊型フィールド実習

7月22日 能登町白丸地区住民の皆様が来学されました

HOME地域貢献民泊型フィールド実習をしました!

このページについてのお問い合わせ

附属地域ケア総合センター

Tel 076-281-8308 Fax 076-281-8309 Mail sogocen[at]ishikawa-nu.ac.jp※[at]を@に変えてください。