おしらせ・新着情報

News & Topics

地域貢献

地域を知る3 民泊型フィールド実習をしました!

2014年9月3日 up

6月18日から20日までの間、民泊型フィールド実習として能登町を訪問し、教育委員会の協力の下、高倉・柳田・白丸の3地区の公民館を拠点に「地域の理解を深める」取り組みを実施しました。

高倉地区の班は、実習テーマを漁業・祭り・方言に絞り、それらを通して高倉地区全体の理解を深めることとしました。初日は小浦地区でサザエ漁の体験、魚網の補修の見学・実施をさせていただきました。2日目は早朝4:00に宇出津漁港に出向いて水揚げやせりの準備の様子を見学しました。次に方言について姫地区の老人会「姫長生会」のみなさんに聞き取りし、言葉も暮らしと密接に関連していることを知りました。また、祭りの華『キリコ』制作現場も見学しました。地域を知ることは、そこで生きている人の暮らしを知ること、地域のもつ力を知ることにつながることを学びました。

柳田地区の班は、猿鬼伝説縁りの地を巡るウォーキングや、グランドゴルフ大会への参加、小学校訪問などで地域の方々と交流を深めました。また、料理サークルの方々とともに地域の食材を使用した郷土食・伝統食について教わり一緒に調理しました。交流を通して、地域の方々の地元に対する思いやそれぞれの健康観、地域住民同士のつながりを知ることができました。

白丸地区の班では、能登町健康福祉課で能登町や白丸地区の住民の健康に関する現況についてレクチャーを受けた上で現地に入り、民泊体験を通して実際の生活を見せていただきました。地域で行われている地域高齢者交流会「まんてん食堂白丸」の催しを手伝い、参加者とも交流しました。また、実際に民泊先のお宅などで農作業を体験したり、農産物直売所を訪ねて、農産物の物流についても学びました。民泊やまんてん食堂での交流を通して、白丸地区の住民の温かく優しい人柄に触れ、住民同士のつながりの強さと、お互いの活力を支えあっていることを再確認しました。

ご協力いただいたご家庭の方々、公民館の方ほか関係各所に深く感謝いたします。

HOME地域貢献地域を知る3 民泊型フィールド実習をしました!

このページについてのお問い合わせ

総務課

Tel 076-281-8300 Fax 076-281-8319 Mail office[at]ishikawa-nu.ac.jp※[at]を@に変えてください。