担当教員 川村 みどり
大江 真吾
清水 暢子
谷本 千恵
開講年次 3年次後期 単位数 2単位 授業形態 実習
必修・選択 必修 時間数 90時間
Keywords 精神科病院での実習、入院患者への看護実践
学習目的・目標 【目的】
講義や実習で学んだ知識・技術・態度を統合して、精神疾患・障害のある人(対象)への看護を実践できる基礎能力を養う。対象の望む「生活」や「生き方」を実現できるような支援について考えることができる。 
【目標】
1. 精神疾患・障害のある人(対象)を理解できる。
2. 患者―看護師関係における治療的プロセスの重要性が理解できる
3. 精神看護における倫理観を養うことができる。
4. 対象への治療の実際と、治療上必要な看護の実際が理解できる。
5. 対象の健康状態をアセスメントし、日常生活上必要な援助ができる。
6. 看護学生として適切かつ責任のある行動がとれる。
授業計画・内容
内容

【学習内容】
1. 精神科病院の構造・諸規則等についての理解
2. 精神科薬物療法の実際と看護ケアについての理解
3. 精神科リハビリテーション療法(作業療法、心理教育、SST、レクリエーション療法等)の実際、ならびにヘルスケアワーカーとの協働の実際と看護の役割についての理解
4. 精神疾患・障害のある人(対象)について、生物・心理・社会的モデルによる理解
5.発達課題と達成状況、身体状態、精神状態、セルフケア、今後の可能性(ストレングス、ソーシャルサポート)のアセスメント
6. 対象のセルフケアの維持・拡大、ならびに地域生活移行に向けた看護の実際の理解、患者目標の設定、看護計画立案、実施、評価
7. 対象の精神症状緩和に向けた治療的コミュニケーションの理解と実践
8. ノーマライゼーションの理念、自己選択・自己決定の尊重、人権擁護の重要性についての理解と看護の実践
【学習方法】
1. 精神科病院の救急・急性期病棟、慢性期病棟、回復期病棟で、患者1名を受け持ち実習する。
2. 看護過程に沿って看護計画を立案、実施、評価する。
3. 事前学習、プロセスレコードによるふり返り、教員・実習指導者・グループメンバー等との学生主体のカンファレンス実施等を通して、受け持ち患者に対する看護の方向性を明確にし、より効果的な看護を実践する。
4.合同検討会や全体会を通して学びを共有し、今後の看護に生かす。


教科書 岩﨑弥生、渡邉博幸(編集):精神看護学① 精神看護学概論・精神保健 第4版、メジカルフレンド社、2015
岩﨑弥生、渡邉博幸(編集):精神看護学② 精神障害をもつ人の看護 第4版、メジカルフレンド社、2016
上田敏(著):ICFの理解と活用、初版、萌文社、2005
参考図書等 渡辺雅幸:専門医がやさしく語る はじめての精神医学 改訂第2版、中山書店、2015
精神看護学概論、精神看護方法論Ⅰ・Ⅱ、疾病・障害論Ⅲの配付資料など
評価指標 出席状況15%、実習目標達成状況80%、実習記録提出状況5%
関連科目 心理学、臨床心理学、社会福祉論
看護専門領域の科目全般。特に、精神保健論、疾病・障害論Ⅲ(精神)、精神看護学概論、
精神看護方法論Ⅰ、地域精神保健看護論、精神看護学実習、統合実習A
教員から学生への
メッセージ
精神看護学実践の目的は、精神看護の対象である人がその人の望む生活をその人らしく送れるよう援助することです。対象は健康な人から精神疾患・障害のある人まで幅広く含みます。精神看護学実習では第二次予防(精神疾患患者への看護援助)と第三次予防(精神障害者のリハビリテーション)の実際について学び、基礎的な実践能力を養います。