4月18日(木)に「国際交流の集い」を行いました。講師に大韓民国出身のキム・ジョンファ氏とタイ王国出身のタンチャノック・マンテープ氏をお招きして、それぞれの国の生活様式、日本との相違点、および来日理由などのお話を伺いました。また、学生だけではなく教職員も参加して、講師を囲みフリートークを行いました。学生は講師と直接話すことで「それぞれの国への関心が高まり、海外研修に参加しようと思った」「海外に出ることに初めは不安があったとしてもいろいろな経験をすることが自分のためになると思った」と感じていました。