2018年7月18日(水)、かほく市消防本部高松分署職員の立会いの下、教職員と学生合わせて約228名参加による消防訓練を実施しました。

強い揺れの地震が発生した後、火災発生、延焼の恐れがあるという想定で、地震時の安全行動、正確な通報、迅速かつ整然とした避難、自衛消防組織での役割確認、自衛消防組織各班の連絡体制の確認を行いました。

また、避難訓練終了後には、消火器・屋外消火栓取扱訓練を実施し、消火器及び消火栓の使用が初めての参加者には非常に有意義な訓練となりました。

ご協力いただきました消防署ならびに防災設備会社の皆様、ありがとうございました。

避難中の様子

避難後の様子

消火器取扱訓練の様子

屋外消火栓取扱訓練の様子