垣花ゼミでは(公財)大学コンソーシアム石川「地域課題研究ゼミナール支援事業」の採択を受け、かほく市と連携して開発した「愛彩弁当」を9月1日(土)にイオンモールかほくで販売しました。「愛彩弁当」は、本学の学生がレシピを考案・試作し、栄養のバランスがとれるよう工夫を凝らしています。用意した100食は40分ほどで完売しました。今後も、かほく市のイベントなどで販売する予定です。