「学都いしかわグローカル人材育成プログラム」は、現在、社会で求められている「課題解決型グローカル人材」として必要な能力を身に付けるための教育プログラムです。一定のレベルに達するごとに修了証を獲得し、大学コンソーシアム石川からその能力が証明されます。修了証A・B・Cを獲得すると「グローカル・ヤングリーダー」の称号が与えられ、履歴書等に記載することができるものです。

 

 ※「学都いしかわグローカル人材育成プログラム」紹介ページはこちら

 

 昨年度に続き今年度も石川県立看護大学に1名のグローカル・ヤングリーダーが誕生しました。平成30年3月に卒業した4年生北野来弥(きたのくるみ)さんです。

 3月17日(土)卒業式に先立ち、大学コンソーシアム石川より届けられた修了証と「グローカル・ヤングリーダー」の称号が石垣学長より授与されました。

 

 

 北野さんは、1年次よりかほく市内の学習支援ボランテイアや能登地区の子ども達の学習支援を積極的に行ってきました。また、夏期アメリカ看護研修に参加し、国際的な視野を広めてきました。将来は養護教諭になることが夢である北野さんにとって、「グローカル・ヤングリーダー」の称号を得るまでの経験は大きく活かされることと思います。